「自分の家に帰れない…」ゲイと友情結婚した女| 世にも奇妙なLの物語

paradise15-1

友情、カモフラージュ、老後。行きついたのは…

友人(フェムビアン/シングル)は、ゲイの旦那が居ます。

かねてより、お互いに気の合う友人同士だった2人は

ある取り決めをして婚姻しました。

「友情結婚」という名の、共同生活が幕を開けたのです。

順風満帆の結婚生活のハズだった。

paradise15-1 paradise15-2 paradise15-3 paradise15-4

子供無、共働き、家賃負担は旦那。家事負担は自分。

食費や高熱費は折半。

共働きだけど、財産はそれぞれ自分のもの。

ゲイの旦那名義のマンションは

管理費やローンは旦那が全額支払っているので

妻である友人は家賃0円で住んでいました。

その分家事は友人が殆ど担当。

互いの実家を定期的に行き来し

家の中ではよき友として、たのしく過ごしていました。

新婚生活が数か月過ぎると、現実に呼び戻された。

結婚前、ゲイの旦那と取り決めたのは

「旦那の恋人が泊まりに来る日は、妻は家に帰らない」こと。

家賃0円だもの、その日だけホテルか

友達の家か、ネットカフェで過ごせばいい───

友人は、そう軽く考えていました。

 

が、段々と旦那の恋人が泊まりに来る日が

増えていくと

出費もかさむようになり

仕事がある日は、家でゆっくりすることもできなくなり

疲労を感じ始めました。

たかが紙切れ一枚。されど紙切れ一枚。

元を辿れば互いの利益のための契約結婚。

親やノンケの友人には

もちろん純粋な婚姻として

結婚式を挙げ、お祝いも貰いました。

今更、なすすべもありません。

付き合ってくれる友人にも、帰る家がある。

その友人の結婚生活を聞き、

複雑な思いを抱えた私たちでしたが

時刻は深夜。

友人といえど、私達にも生活があり

付き合える時間も限られています。

 

さびしげに手をふる友人に

どんな顔をすればよいか、

悩みました。

もっと読む

READ  SNSで出会った恐怖の女| 世にも奇妙なLの物語

paradise15-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です