【連続アンケート企画】LGBTと家族 その13〜私と家族の関係〜

title02_04

切っても切れない関係。それが家族の絆です。

自分のセクシュアリティに気づいた時、驚きや不安と共に
「家族にどう話せばいいのだろうか?」
「家族には絶対秘密にしなきゃ」
そんな相反する思いを抱いた方も少なくないでしょう。

この「LGBTと家族」は、
セクシュアル・マイノリティの家族への考え方、関わり方を
より多くの方へのアンケートから探っていこうという企画です。

様々な方の体験したこと、考えたことの中には
あなたが共感できる事例も見つかるかもしれません。

※「LGBTと家族」では、様々なセクシュアリティの様々な世代の皆様の家族との関わりをご紹介したいと考えています。当事者の皆様、是非アンケートにご協力ください。
アンケートフォームはこちら

※プロフィールの性自認・性的指向は、回答された方の表記をそのまま使用しています。

 

LGBTと家族 No.067
タイミングがあれば、両親にはカミングアウトしたい

レズビアン(19歳)家族構成:両親、弟、妹、祖父母

Q, 自分のセクシュアリティを自覚したのは何歳の頃でしたか?
小学6年生のとき

Q, 自分のセクシュアリティを自覚した当時、どう感じましたか?
治さなきゃ、男の人を好きにならなきゃ。

Q, 自分のセクシュアリティを家族の誰かに伝えたことはありますか?
いいえ
なにを言われるか分からないし、うまく説明できる自信が無い。

Q. 今後、家族に話す機会があると思いますか?
わからない。
本当に好きな人ができて、紹介するとかになったら言わなければいけないと思うから。

Q,セクシュアル・マイノリティに関して、あなたの家族の中で印象的なエピソードがあったら教えてください。
母親に何も言っていないが、
「あなたが女の子を紹介しに連れてきても何も驚かないから安心して」
と言われたこと。
弟が
「同性愛って気持ち悪くね?」
と言っているのを聞いてしまったこと。

Q, ご自分の家族に対して感じること、考えていることなどを教えてください。
言えるようなタイミングがあれば、両親にはカミングアウトしたい。

IMG_20161231_170833

 

LGBTと家族 No.068
ゲイを受け入れ難い人の考え、価値観を否定するつもりはない

ゲイ(51歳)家族構成:パートナーと二人暮らし

Q, 自分のセクシュアリティを自覚したのは何歳の頃でしたか?
13歳

Q, 自分のセクシュアリティを自覚した当時、どう感じましたか?
特に疑問は抱かなかったが、周囲に理解されるとも思わなかった。

Q, 自分のセクシュアリティを家族の誰かに伝えたことはありますか?
いいえ
人にはそれぞれ許容出来る限度があり、出来ない蓋然性が高い人達にカミングアウトをしても、ただの自己満足であり、誰の幸せにもならないと考えているから。

Q. 今後、家族に話す機会があると思いますか?
わからない。
兄弟の一部には話す可能性があると考えているから。

Q, ご自分の家族に対して感じること、考えていることなどを教えてください。
家族は皆、高い教養と見識を備えているが、古い家柄ということもあり、概ね保守的である。
それぞれの思うところに従って生きており、精神の安息は保たれるべきである。
私がゲイであることへの批判は受け入れないが、自分の生命財産が侵されない限り、ゲイを受け入れ難い人の考え、価値観を否定するつもりはない。

IMG_20170504_130758

LGBTと家族 No.069
大人になったら女性に成れる気がしていた

MtF、パンセクシャル(52歳)家族構成:同居のパートナーと、実家に両親、ニューヨークに弟

Q, 自分のセクシュアリティを自覚したのは何歳の頃でしたか?
漠然とは小学校中学年。
やっぱり自分はGIDなんじゃないかとはっきりと認識したのは、2年前でした。
小学校6年くらいから、自分の好きになる人は性別は関係ないと分かっていました。

Q, 自分のセクシュアリティを自覚した当時、どう感じましたか?
大人になったら女性に成れる気がしていた。
そうじゃ無いと現実を心から認識したのは4年生くらい。
それからはゲイか女装したい人なのかと思っていて、女装したい気持ちには罪悪感があって直そうと真剣に思っていました。
男性にも魅かれる気持ちは、特にマイナスに感じた事はありません。
逆に他の人が、誰かを性的に好きになるときに相手の性別が大事なことが不思議で、それが実感として理解できたのは自分がMtFだと認識してからでした。

Q, 自分のセクシュアリティを家族の誰かに伝えたことはありますか?
はい
GIDのカウンセリングを受ける前、パートナーには昨年、伝えました。
パートナーは女性で、彼女に出会った事で心からの男性になろうとしていましたが、無理だったと伝えました。
彼女とは、彼女の希望で入籍していません。
彼女はシスヘテロで色々と難しい状況なのに、受け入れてくれました。
その後、GIDの診断が出てから、今年の春に両親に伝えました。
最初は受け入れてくれている風だったけれど、そうではありませんでした。
今は関係が切れないように週1回近況をメールしているけれど、あまりメールも受け取ろうとしていないようなので、結局はプリントアウトして郵便で送っています。

Q. あなたが伝えた後に家族から言われた言葉で印象にのこっているものは?
パートナーからは、年齢も年齢だし、思うようにした方が良いと言われましたが、SRSについては身体が心配だから賛成はしないと言われました。
それでも手術したければ構わないけれど、賛成ではないって。
わたし自身、今でも体格的にパス度が低いので、手術しない方が自分の中でのバランスがとれるのではないかと思っています。
父からの手紙では、受け入れていると勘違いしていないかと書いてあってとてもショックでした。
母親がわたしの女姿なんか見たくないと言っているとも、父から知らされました。
自分で思っていた以上に、傷ついてしまいました。

Q, ご自分の家族に対して感じること、考えていることなどを教えてください。
わたしのことを理解はできないと思っています。
でも、仕方ないかって言うレベルで良いから、いつか受け入れてほしいと心から思います。心の底からの男性になろうと30年努力して、無理だと思い知ったので、両親と縁が切れても仕方がないとも、思っています。
両親の今後について、弟が海外にいる以上、本当はわたしが助けたいと思っているので簡単にあきらめたくないと、考えています。

IMG_20170629_160549

 

LGBTと家族 No.070
時間はかかったけど理解を示してくれた事に感謝

パンセクシュアル(24歳)家族構成:父親、母親

Q, 自分のセクシュアリティを自覚したのは何歳の頃でしたか?
13歳頃。
気になった人が同性だった。

Q, 自分のセクシュアリティを自覚した当時、どう感じましたか?
隠しておこうと思った。
同性に好意を持つ自分が不思議でたまらなかった。

Q, 自分のセクシュアリティを家族の誰かに伝えたことはありますか?
はい
15歳頃。
隠そうと思っていたが不安で辛かったので、母親に
「同性愛とは何? 周りに居た? 最近気になる人が同性なんだよね…」
という流れで質問。
反応は普段と変わらず淡々と説明してくれたが、まだ自分の子供は異性愛者であると思っている様子だった。
逆にこちらが意識してしまい同性愛関連の話題を避ける様になった。

Q. あなたが伝えた後に家族から言われた言葉で印象にのこっているものは?
よくある思春期の勘違い。
大人になれば自然と異性に興味持ってくるから安心して。

Q, ご自分の家族に対して感じること、考えていることなどを教えてください。
時間はかかったけど理解を示してくれた事に感謝してます。
おかげで今は会話の中で性別を意識しない言葉を選んでくれたり、恋愛や性の話をするのが楽になった。
ありがとう。

IMG_20170619_183642

 

LGBTと家族 No.071
母と姉にカミングアウトして、もっと距離は縮まった

ゲイ(29歳)家族構成:父、母、兄、兄、姉

Q, 自分のセクシュアリティを自覚したのは何歳の頃でしたか?
3歳〜4歳頃

Q, 自分のセクシュアリティを自覚した当時、どう感じましたか?
保育園児の頃、姉の着ていたピンクの服が可愛くて、それが欲しいと言ったら母に怒られた。
また、おもちゃ売り場に行っても、ガンダムとかプラモではなく、リカちゃん人形が欲しく、それも母からダメだと言われ、なぜだろうと思っていた。
父や兄からも、「男のくせに」と言われ、男はこういうものを欲しがっちゃダメなんだと自制するようになった。
小学生になり、女の子の格好にも興味は無くなったものの、性の対象は男が好きだった。
女の子は可愛いと思うが、可愛いだけで終わっていた。
仕草や話し方が柔らかく、イジメまでいかないが、周りから、いじられることがよくあった。
自分は周りと違う……と思いながら、でもいつかは治るのではないかとも思っていた。

Q, 自分のセクシュアリティを家族の誰かに伝えたことはありますか?
はい
24歳の頃、母と姉に伝えた。
高校から上京し、寮生活を経験。24歳の頃に就職で、久しぶりに実家へ戻った。
実家での窮屈な生活が嫌だった時、地元で知り合ったゲイの友人が、周囲にカミングアウトして、自分らしく生きている姿に励まされた。
自分も自由に、自分らしく生きたい。そう思った時、最初に、大好きな母に話したいと思った。 そして、幼い頃から一緒に遊んで、自分のことを色々とわかってくれている姉にも、伝えたいと思った。
カミングアウトをした後、お互いに涙しながら、楽しく生きようね、と話した。
そして、今までよりももっと距離は縮まり、3人で女子会をよく開いている。笑

Q. あなたが伝えた後に家族から言われた言葉で印象にのこっているものは?
母 「あんたは、何があってもお母さんが付いているから」 「今まで辛かったね。ごめんね。」
初めて、だれにも言えなかったことを伝えた時に、母のこの言葉で、一生分の涙を流した気がする。
解放された。辛かった。
でも、これで少しは自由になれると。
姉 「妹ができた!」 「今まで辛い思いさせてごめんね」
姉は泣きながら、何度もごめん、と言っていた。
でも、それからはお互いの好きなタイプを言い合ったり、今までにない話ができるようになった。

Q, ご自分の家族に対して感じること、考えていることなどを教えてください。
同性愛者であることは、言って良い人と悪い人がいると思う。
どうしても自分と異質なものを受け入れられない人がいて、私の父は特にそうだと思うから。それは、今まで生きてきた中で作られた価値観であって、なかなか変えられるものではない。
だから私は、家族は、母と姉しか言っていない。父にも言った方が…と思った時もあったが、私は父には何も知らずに死んでいってもらいたいと思った。その方が、きっとお互いにとって幸せだろうと。
兄2人には、時がきたら伝えようと思っている。

IMG_1269

 

LGBTと家族 No.072
「男のまま大人になりたくない、死にたい」と思った

MTF(58歳)家族構成:母と2人ですが、母はグループホームに居るので、今は一人です。

Q, 自分のセクシュアリティを自覚したのは何歳の頃でしたか?
12才頃。

Q, 自分のセクシュアリティを自覚した当時、どう感じましたか?
それ以前から性器違和感は有り、
「男のまま大人になりたくない、死にたい」
と思ったが、SRSが出来る事を知って
「女になれば良いんだ」
と思い、生きる希望になった。

Q, 自分のセクシュアリティを家族の誰かに伝えたことはありますか?
はい
理解している様で理解していない様でも有った。

Q. あなたが伝えた後に家族から言われた言葉で印象にのこっているものは?
悲しい

Q, ご自分の家族に対して感じること、考えていることなどを教えてください。
性がグラデイションだという事を知って欲しい。

IMG_20160202_151837

 

LGBTと家族 No.073
貴方の当たり前を押し付け過ぎないで欲しい

たぶんXジェンダー(29歳)家族構成:父、母、兄、自分

Q, 自分のセクシュアリティを自覚したのは何歳の頃でしたか?
子供のころボヤーっと感じてはいたけど、確信するほど自覚したのは19歳。

Q, 自分のセクシュアリティを自覚した当時、どう感じましたか?
薄々思ってはいたけどやっぱり自分は普通じゃない。
困ったな、誰に相談したらいいんかな。

Q, 自分のセクシュアリティを家族の誰かに伝えたことはありますか?
いいえ
めんどくさいのと、ふとしたときに周りに話される危険性だったり、自分が自分の事を上手く話せないと思ったから。

Q. 今後、家族に話す機会があると思いますか?
わからない。
言うつもりはないし、出来れば言いたくないけど、いつどこでばれるか分からないし、軽度知的障害も手伝って我慢が爆発して口が滑ってしまう可能性はゼロではないから。

Q.セクシュアル・マイノリティに関して、あなたの家族の中で印象的なエピソードがあったら教えてください。
昔TVに出てた男になる手術をした人に
「産みたくても産めない人もいるのにね」
とボソッと言っていた。
男になるなら男になる、女になるなら女になる、逃げないではっきりしてるなら別にいいんじゃない?

Q, ご自分の家族に対して感じること、考えていることなどを教えてください。
親が望む生き方を自分は出来ないだろうな…。
言わないことで抱えたストレスと、生きづらくうまれた気持ちの苛立ちでたまに理不尽に当たってしまって本当に申し訳なく思います。ごめんなさい。
ただあまり気持ちや願望、貴方の当たり前を押し付け過ぎないで欲しい。
頭がパンクしそうになって辛くなる時が多々ある…。

IMG_20160909_095029

 

LGBTと家族 No.074
母は、何かが腑に落ちた感覚だったと思う

レズビアン(26歳)家族構成:両親、妹、祖父

Q, 自分のセクシュアリティを自覚したのは何歳の頃でしたか?
19歳。

Q, 自分のセクシュアリティを自覚した当時、どう感じましたか?
覚えていない。

Q, 自分のセクシュアリティを家族の誰かに伝えたことはありますか?
はい
19歳のとき、母と妹に。
母は戸惑いがあったようだが肯定的だった。何かが腑に落ちた感覚だったと思う。
妹も肯定的。特に関係は変わらなかった。

Q. あなたが伝えた後に家族から言われた言葉で印象にのこっているものは?
私が「女の子と結婚する」と妹に伝えたあと、妹が母に「お姉ちゃん結婚しないんだって」と言っていたこと。
意味としてはイコールだがそう認識してるのは衝撃だった。

Q, ご自分の家族に対して感じること、考えていることなどを教えてください。
私にもし将来子供が生まれたら、のような例え話をされると罪悪感と違和感を感じて辛い。これだけを理解して欲しい。

IMG_20161105_170444

 

READ  ダイバーシティをテーマにしたカルチャー新雑誌Oriijinを読んでみた

LGBTと家族 No.075
父に話す事は一生ないと思います

Xジェンダー、デミロマンティック、ノンセクシュアル、レズビアン(17歳、高校三年生)家族構成:母、父、兄(別居)、弟

Q, 自分のセクシュアリティを自覚したのは何歳の頃でしたか?
中学2年、13歳の時、性的マイノリティという言葉を知った瞬間。
ああ、きっと自分はそうなんだろうなと。
幼少期から恋愛に興味がなく、中学生になっても強い性嫌悪があり変わらず興味を持てなかったため、当時はAセクシャルであると思っていましたが、最近になってAセクシャルにも違和感を持ち始め、インターネットで調べているうちに現在のセクシャリティに行き着きました。
そういう意味で、性的マイノリティである自認は14歳、現在の自認は17歳4ヶ月くらいです。

Q, 自分のセクシュアリティを自覚した当時、どう感じましたか?
特に思わなかったです。
最初はやっぱりかくらいで、割とどうでもいいみたいな感じでした。
多分あまりわかってなかったと思う。
今の自認に行き着いた時には調べれば調べるほど自分に当てはまるものが増えていって、だんだんどうしていいのかわからなくなって困惑しました。

Q, 自分のセクシュアリティを家族の誰かに伝えたことはありますか?
いいえ
伝える必要性を感じていないから。
自分がAセクシャルであると自認する前から、結婚しない宣言を母にはしているし、父は元々子育てに参加するような人ではなく、小学生の頃から会話すら殆どない状況。
兄とは趣味や思考がほとんど一致していて、仲はいいが恋愛の話をした事はなく、お互いに恋愛に興味がないことがなんとなくわかっている為、話も振らないです。
弟とは折り合いが悪く、元々あまり会話はありません。

Q. 今後、家族に話す機会があると思いますか?
いいえ。
伝える必要性を感じていないから。
家族といることで小学生時代から高ストレス環境にさらされ続けて常に軽度の鬱状態です。一度実家を離れたらもう戻る気はありません。
数年以内に実家を出る予定なので、それも含めて伝える必要があるとは思えないから。

Q.セクシュアル・マイノリティに関して、あなたの家族の中で印象的なエピソードがあったら教えてください。
当時高校生の兄の帰りが友人関係で遅くなったとき、母が、
「お兄ちゃん遅いね。彼氏か彼女でもできたのかな」
と言った事。兄にその事を伝えた時に
「そんな訳あるか」
と苦笑されたけれど、強い嫌悪感を示すような事はしなかった事。
少なくとも性的マイノリティに対する差別はないのだと思った。

Q, ご自分の家族に対して感じること、考えていることなどを教えてください。
父は本家、分家と言っているような田舎の長男で、こういうものだ、こうでなければならない、という固定観念に囚われがちで古い考え方の人。
理解できない言動、私が強い嫌悪感を抱く事もよくあります。
そのようなことも原因の1つとなり、現在家庭内別居状態です。
そんな人に自分の状況を話したいとは思えません。
父に話す事は一生ないと思います。

 

今までの「LGBTと家族」はこちら

※「LGBTと家族」では、様々なセクシャリティの様々な世代の皆様の家族との関わりをご紹介したいと考えています。セクシャル・マイノリティの皆様、是非アンケートにご協力ください。
アンケートフォームはこちら

title02_04

ABOUTこの記事をかいた人

いたる

LGBTに関する様々な情報、トピック、人を、深く掘り下げたり、体験したり、直接会って話を聞いたりしてきちんと理解し、それを誰もが分かる平易な言葉で広く伝えることが自分の使命と自認している51歳、大分県別府市出身。LGBT関連のバー/飲食店情報を網羅する「jgcm/agcm」プロデューサー。ゲイ雑誌「月刊G-men」元編集長。現在、毎週火曜日に新宿2丁目の「A Day In The Life」(新宿区新宿2-13-16 藤井ビル 203 )にてセクシャリティ・フリーのゲイバー「いたるの部屋」を営業中。 Twitterアカウント @itaru1964