ゲイのセックス事情 男女共に経験したアタシの話 | ゲイパパライフ2

gay-papa

ゲイパパの性生活はどうなっているの?

アタシだってまだまだ現役!(笑)でもその性の対象は、時とともに変化してるの。

初体験は、女性ではなく、男性

gay-papa

前回の記事でも書いたけど、アタシも10代~20代前半にかけては、ノンケとして生活してきたの。で、ちゃんと彼女もいたのよ?でも、付き合ってても、SEXだけはできなかったの。どうしても、勃起しなくてねー 苦笑。アタシ、相当悩んだわよ?社会人になって、風俗にも行ってみたけど、全然ダメ。ソープ嬢にも、なぐさめられちゃったの。大学生の時の彼女とは、ホテルに行って、何とか勃起したから、いざ挿入しようとしたら、彼女が「痛い!」って言ったのを聞いちゃって、もう萎えちゃったのよー(苦笑)。ウブよねー(苦笑)。そんな感じで、悩んでた青春時代。でも一人暮らしを始めて、雑誌「薔薇族」を見て、今で言う「出会い系」を使って、初めて男性と会うことになったの!その時は、心がワクワクしたわー。初めての人は、30代くらいの、ややぼっちゃりタイプ。アタシの好みではなかったけど、そんな贅沢は言ってられない!彼の車の中で、KISSして、初めてのプレイ。そして、彼の方が、「入れて」と言うので、ゴム付けて、挿入!これがアタシの初体験になりましたー。

初めての女性経験は後にも先にも

一度オトコとやっちゃったら、あとはもう、サルのように、発展場に行きまくったわ。今までSEXできなかった自分がウソのように、オトコとのSEXに溺れましたわ。毎日、毎日、違うオトコとヤリまくって!笑。そんな夜の顔とは裏腹に、かたや友達とは、ノンケの女性と合コンしたりしてたの。可愛くて、心惹かれる女性もいたわ。でも、向こうがその気になっても、「またこの女性とはSEXできないのでは?」という恐怖心があって、最後のところで逃げてばっかり。そんな日々を送ってたアタシだけど、ホントに心惹かれた女性がいたの。今のカミさん。優しくて、オッパイが大きくて、一緒にいて安心するタイプ。そしてある日、アタシの部屋で、意を決して彼女にKISSしたの!そしたら!アタシの息子が勃起してるのよ!!これには驚いたわー。つまり、アタシ、オトコとは誰とでもSEXできるのに、女性とは「愛」のないSEXはできなかった、ってわけ。そして見事、彼女と一体となり、女性とのSEXの素晴らしさを知ったの。それもすべて、彼女が愛おしかったし、抱いてて、とっても心地よかったのよー。生々しいけど、女性器の中に挿入すると、とっても気持ちいいのよ!オトコのアナルとは大違い!ってことで、アタシは、後にも先にも、女性とのSEXは、カミさんだけなんですー。

カミさんの妊娠

結婚して、しばらくの間は、毎日、カミさんとSEXしてたわ。これもサルのように(笑)。だって、女性とのSEXの素晴らしさを知ってしまったし、カミさんのことを愛してたから、当然よね?でもSEXしてても、なかなか妊娠って、しないものなのね 笑。ちゃんと女性の排卵日に合わせてSEXしないとダメ。結婚して4年間、子宝に恵まれなかったけど、カミさんが、基礎体温を測り始めて、計画的にSEXしだしたら、あっという間に、妊娠!あら、こんなに簡単だったのね?笑。そして、第一子の女の子が誕生。嬉しかったと同時に、ほっとしたわー。だって、親に孫の顔を見せられたんですものー。その後も、第二子を望んで、計画的なSEXをして、見事、第二子も妊娠したんだけど、残念ながら、流産しちゃったの。アタシ、これが結構ショックで、「もう子供を作りたくない」って思っちゃったの。その後、水子供養にも行ったわ。多分、アタシの予想では、流れちゃった子は、男の子だったと思うの。これは勘ね。それ以降、カミさんとのSEXを避けるようになったの。

彼氏ができた!

そんな中、アタシは、またオトコとのSEXにのめりこんで行ったの。また発展場に通う日々。で、ある日、発展場でSEXした相手と、何か波長が合い、発展場を出た後、飲みに行ったの。こんなことは、初めての経験。普通は、SEXしたら、終わりなのにね。そしたら、彼は、地方のジムイントラで、仕事で東京に来てたの。で、その日に帰らないといけない、と言うことで、軽く飲んだ後、彼を見送りに、新幹線の駅へ。別れ間際、「また会ってくれる?」と彼が言ったの。アタシもその時は、軽い気持ちで、「うん」と答えちゃったのよねー。その後、彼とのメールのやりとりが始まり、実質的な遠距離恋愛に突入。彼が上京することもあったし、アタシが地方へ「仕事」という名目で行ったり。逢ってる時は、とても楽しくて、良かったんだけど、どうしても「既婚で子持ち」ってことを言えなかったの。

彼との別れ、そして友達に

逢えば逢うほど、彼に本当のことを言わないと、いけない!と思い、ある日、電話をかけたの。そしてすべてを打ち明けたわ。彼は、ちょっとショックを受けてたみたいだけど、「それでも好き」って言ってくれたの。でもそう言ってもらえばもらうほど、後ろめたくて、アタシから「別れよう」と切り出しました。そうすることがお互いのためになると思って。そしたら、彼が、「わかった。じゃあお付き合いは終わりにするけど、友達でいてくれない?」って。こんな都合のいい話はないと思ったけど、アタシもスッパリと彼のことを切れなくて、それを了承したわ。でも結果的にそれで良かった、と後になって思ったの。自分が既婚ゲイで、オトコ遊びも自由にままならないことを、憐れんでくれて、お転婆旅行とかに誘ってくれたのよー。今では、ホントにアタシの素の姿を理解してくれる、ステキな友達です。

そして今は…

その後、いろいろあって、今、お付き合いしてる人がいます!キャっ!その話は、また別の機会に!

つづく

ゲイの僕が結婚を決めた理由 | ゲイパパライフ1

画像出典:Test

READ  #ホモちゃんセリフ の"ホモちゃん"がゲイにもウケていることについて森永乳業の担当者に直接聞いてみた

gay-papa

9 件のコメント

  • まさか第二弾があったとは(絶句)

    頑なな古くさい常識にとらわれたくない、セックスも自由奔放でも、自己責任でいいではないか、という意見もおそらく少なからずあるのでしょう。

    1)子どもができて一段落(実際は成人するまでは落ち着かないようですが)した
    2)妻とのセックスには倦怠期が来た(+流産などの暗い思い出があってセックスしにくい)
    3)男とのセックスが気持ちいい

    要はこんなところでしょうか。

    多様な人の多様な人生、本当に自由で、いろいろな選択肢があり、なにをしようと他人が口を挟むことではないこととはわかってはいますが、この記事は大変不快です。

    不快の原因は「家族に内緒にしていること」の不誠実さです。それをたとえ浮気相手に告げたとしても、罪悪感は払拭しきれないでしょう。それを抱えてもなお不倫を続けるのなら、なかなか肝の据わった方だと思いますが、それで「誰が幸せになるのでしょう」。

    いい大人なのですから、自分と家族と愛する人の幸せを考える決断をされたほうがいいのではないでしょうか。

    そしてこういった既婚ゲイを推奨する記事を掲載するのなら、こういった反道徳的・反倫理的・不誠実な人に反対する記事も同時に載せて、いろいろと違った意見を交換しあうのも、ネットにしかできないことなのではないかとも思うので、検討していただきたいです。

    • 既婚ビアンです。皆さんの感想と同じくがっかりです。
      同性愛者のほとんどが立ち止まるテーマであろう、結婚と出産。
      同性愛者として生きていきたい自分と、女性として子供を持ちたい自分、どちらも正直な気持ち、さらに年齢のリミットもある中での葛藤。
      そしてパートナーとなった異性とその間にもうけた子供への誠意。
      私は今現在も悩んでおり、迷ってもいます。
      既婚ゲイとは、ただの浮気、遊び人を指す言葉だったのですね。

  • 不愉快です

    既婚のゲイ、別に気にしません

    嗜好ですから。

    でも、自分の自堕落さをなんだか正当化しているようで、読んでいて気持ち悪いです。

    別に誰も既婚のゲイのくだらない話なんて読みたくないし、知りたくないです。

    三弾がないことを願います

  • Letibeeさんは、いまはもう撤退されたとはいえ、LGBTのウェディングやライフプランニングに携わっていらっしゃいましたね。それはこういった、「女性と結婚をしてもなおゲイとして男性と秘密の交際をする」というような、隠れゲイの生活という不幸な形をなくそう、男性同士や女性同士で結婚できる社会にしよう、「LGBTでも親に孫の顔を見せたい」という願いを叶えるためにLGBTカップルでも養子を育てることができる社会にしよう、という理念をお持ちではなかったのでしょうか。

    それがいまや、昭和の悪い遺産のような、偽装結婚に近い既婚隠れゲイの記事をおおっぴらに掲載されるようになるとは、本当に心から残念です。

    この記事を執筆されているゲイパパさんがどういった人生を歩もうが、そのご家族がどういう悲しみを背負おうが、読者としてはまったくどうにもできないので、それについてはただ読者として「不愉快な記事だな、不誠実な人だな」と感想を抱くだけにすぎませんが、この記事をサイトに掲載しているLetibeeさんに対しては、いまだに少しはLGBTの未来を明るくしてくれるのではないかという期待をしているので、今後、このような記事を掲載しないでいただけるよう、静かに見守っております。

  • 奥さんがかわいそうでたまりません。このままいけば、彼女は、結局、本当に愛してくれるライフパートナーがいないまま、見つけることもできないまま、そして、「自分は、夫に愛されている」、と信じながら、人生を送るってことですよね。奥さんのご両親だって、「自分の娘は、結婚して、子供もできて、幸せに暮らしている」、って思っているわけですよね。これって、本当にひどい事だと思います。
    せめて、離婚するなり、カミングアウトするなりして、奥さんを解放してあげればいいのに。そうすれば、彼女を本当に愛して、大切にして、求めてくれるような相手が見つかるかもしれないのに。本当にかわいそう。
    こういう事を、人に対して、平気でできてしまうどころか、それをまるで、すごい事、もしくは、面白おかしい事のように堂々と記事にして載せてしまえるところが理解できません。僕だったら、罪悪感と、羞恥心いっぱいで、人になんてとても言えないと思います。
    こういった記事によって、LGBT はこういう人の集まりなんだ、というような、間違った考えが世間に広まらないことを祈るばかりです。

  • 非常にデリケートな問題を、実際に結婚を決意されたゲイの方がどの様に語るのか期待をしていましたが、全くの的外れな内容で残念というほかありません。 私はゲイで教師をしておりますが、不惑を過ぎ、やはり世間体や血縁筋での対面、そして第一に教師という業務上での支障等、様々なしがらみに押し潰されそうになりながら、結婚の二文字と格闘して来ました。
    ゲイパパ様の二回の記事を拝見する限り、結婚というスタイルに至った覚悟や葛藤等は、一切(少なくとも文章からは)感じられず、
    そこそこ女性にもモテた→波長の合う女性が見つかって(只一人を想っているといいながら・・・)→沢山の男ともハッテン場で関係を持ちぃの→今は元カレと素晴らしい友になりつつ、更に彼氏もガッチリ掴んでいる!
    という流れをツラツラと書き連ねているだけの自己アピール100%つぶやきにしか感じられません。
    今の奥様への配慮は? 遠恋中で突然既婚を打ち明けられても、それを許容している親友という方の心中や真意は?
    何よりも、そんな二重生活をしているような父親を持ったお子さんへの背徳感は??そういった内容を吐露していただきたかったのに。 そもそも、”ゲイである自分自身” 在りき、で語られているのも本来のテーマが何なのか?と思わずにはいられません。
    良い職に就き、表面上は素敵なファミリーを築き、ゲイライフさえをも謳歌して彼氏もいる、しかもご自分で”素敵な彼氏”とも表現するあたり、巷でいうシャイニーゲイなる生態を嬉々として書き放っているお粗末なものにしか思えません。
    ゲイでありながら結婚という重責を鑑み、思い悩む人は、それはゲイパパ様のようなキラキラしたライフを送れればどんなにHappyかと思いますよ。でもそんな自分個人の欲求だけ一つ一つクリアーしていく背後で、他人はどうなる?、どう傷つく?とか、よぎりませんか?
    少なくとも、”異性との結婚”という定義を踏まえた上で、ゲイというセクシャリティーはどう保持しているのか、とか、又変化するものなのか、とかをご提示いただきたいです。
    最後の文章が、”今、お付き合いしている人がいて、その話は次の機会に!”みたいに締めくくられていますが、ゲイパパ様のシャイニーゲイ顕示がこの連載の趣旨なんでしょうか?
    それだったらそんな内容は、御自分のブログ程度とかでなさったらよろしいかと・・・。
    何よりもこれを目にしたヘテロの方々が、LGBTの人達って、こんないい加減で欺瞞的な人種だと思い違いされてしまうことを危惧します。

  • 妻子のことを考えると、すんなり受け入れられる内容ではないかもしれないが、コメント欄に批判ばかりなのも気になる。
    “結婚と自分のセクシャリティの間で悩む既婚ゲイ”に、当てはまらないことに対する反発のようにも見える。

    妻子に対する裏切りだと言うが、あえて真実を告げない優しさという見方はできないのか?

    また、妻子がいるなら不貞をするな、と言うが…それなら筆者に、一生自分のセクシャリティを封印して生きろというのか。

    特に残念なのは、この記事を載せるべきではない、という意見だ。

    それこそ、ある意味、セクマイにとっての強みである、多様性の排除に繋がるのでは?

    まるで、結婚(に代表される”世間一般”の恋愛の形)がセクマイにとっても足枷となっているようである。

  • 私はXジェンダー当事者です。記事や皆さんのコメントを読んで思ったのが、「ゲイパパさんと彼氏さんと奥さん」でポリアモリーの関係になれる可能性もないとは言えないのでは?ということでした。
    しかし、既婚で子持ちの方が、日本においてポリアモリーとして暮らすことって、実際のところ、簡単なことではないようなイメージがあります。
    私はポリアモリーとして交際した経験がありませんし、当事者の方にお会いしたこともありません。話を聞いたこともないので、全くの想像からコメントさせて頂きました。
    (ポリアモリー(英: polyamory)とは、つきあう相手、親密な関係を同時期に、一人だけに限定しない可能性に開かれていて、全ての関係者が全ての状況を知る選択が可能であり、全員がすべての関係に合意している、という考え方に基づく行為、ライフスタイル、または恋愛関係のことである。「Weblio辞書引用」)
    もちろんゲイパパさんの現状は、奥さんにも彼氏さんにも、別の関係を隠していることから、そもそもポリアモリーとは違いますね。でも、ポリアモリーの方の意見をお聞きしたいと思いました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です