ゲイを隠して結婚を決めた理由 既婚ゲイの選択| ゲイパパライフ

gay_father

こんにちわ、既婚でゲイのパパです

初めまして。ゲイパパと申します。アタシは一般企業で働く、ごく普通のビジネスマンです。妻と高校1年生の一人娘がいます。でも、誰にも言えない秘密があるんです。それは、アタシ、実はゲイなんです!ゲイなのに妻子持ち???ってどうなってるの???と思う方もいらっしゃるでしょう。ここでは、アタシがゲイというセクシャリティでありながら、結婚・出産という道をいかにして歩んできたのか?そしてひとりの夫・父として生活しながら、いかにゲイとしても生活しているのかをお話ししていこうと思います。

自分のセクシャリティへの気づき

アタシは、子供の頃から、カッコいい男の人が大好きでした。父のカラダに興味を持ち、男性の裸を見ては、ドキドキしてるような子供でした。そして、男の子とも遊ぶけれど、女の子と遊ぶのも大好きでした。普通男の子が興味を持つ、「野球」や「サッカー」には全く見向きもせず、洋服やアクセサリー(女装ではありませんよ!)に興味を持ち、好きなアニメも「アタックNo.1」とか「魔法使いサリー」とか「キャンディ・キャンディ」。そんなアタシは友人たちに、「オカマ!」と呼ばれました。当時、オカマは変人扱い。ちょっとイジメにも合いました。「どうして自分は、男の人が好きなんだろう?」そう思ってました。でもその理由が分からない。とにかく、自分はみんなとは違う人間なんだ、ということだけは分かりました。今ほど情報が入らなかった時代。自分のセクシャリティを知る術がありませんでした。でも中学生になった頃、ある雑誌の存在を知り、自分のセクシャリティが何なのか、分かりました!

雑誌「薔薇族」

小学校高学年から中学生になると、誰でも性に目覚めます。アタシも中学生で初めてオナニーを覚えました。最初はただ単に「気持ちがいい」と思っただけですが、どういうことによって性的興奮を覚えるのか、分かりませんでした。まわりの友達はみんな、TVに出てくるアイドルの水着や、エロ雑誌の女性ヌードを見て、興奮するのですが、アタシは、西城秀樹のギャランドゥーや、男性スターの裸などを見て、興奮を覚えました。そんなある日、ふと本屋の奥の方に、成人向けの本が並ぶ中に、「薔薇族」という聞きなれない雑誌を見つけました!そして、恐る恐るその雑誌を開くと、、、、、そこには正にアタシと同じ種類の人間がいることに初めて気付きました!でも、その雑誌を買う勇気があるはずもなく、その場を離れました。でも自分と同じ種類の人間がいることが分かった喜びは、今でも忘れられません。

 ノンケとして生活し続けた、10代~20代前半

そんなアタシも、中学から高校生になると、同級生や後輩の女子から、告白されたりもしました。悪い気はしなかったので、デートしたり、バレンタインのチョコをもらったり、普通のノンケと変わらない10代を過ごしました。ただし、カラダの関係には発展せず、プラトニックな恋に終始してました。それは、女性と手をつないだり、キスしたりしても、性的興奮を感じなかったからです。でも、勇気を振り絞って、女の子とホテルにも行きましたが、結局ちゃんとしたSEXができずに、自信を失っていました。大学生になっても、彼女は何人かできましたが、キスまでで、SEXはできませんでした。社会人になってから、意を決して、ソープランドにも行きましたが、勃起することができず、ソープ嬢に慰められる始末。とにかく、自分のセクシャリティを克服しようともがいていた、青春時代でした。

人生の転機になった、一人暮らし

大学も無事卒業して、いい会社に就職し、自由にできるお金が手に入るようになりました。そこで思ったのは、「一人暮らしをしたい」ということでした。親との同居では、安心してオナニーもできないし、何と言っても、雑誌「薔薇族」を安心して部屋に置いておけなかったからです。そして、社会人2年目に貯金が100万できたので、親に一人暮らしを強引に宣言しました。そうと決まったら、決断の早いアタシ。早速物件を探し始め、わずか1週間で物件を決めました。駅から徒歩1分のワンルームマンション。もう、心が躍りました。早速買ったのは、「薔薇族」の最新号。そこで、男性と知り合う方法を覚えて、早速コンタクトを取りました。初めての男性は、30代くらいのぼっちゃり体型の人。車で迎えに来てくれて、彼の車の中で、アタシは、男性との初体験をしました。初めての、男の人。まだ女性経験も無いのに、とても興奮したことを覚えています。そこから、堰を切ったように、男遊びが始まりました。初めて発展場に行き、何人もの男性とSEXしました。二丁目の存在も知り、人生が本当に楽しくなりました。

結婚願望

男性に目覚めたアタシでしたが、まわりにゲイの友達はおらず、もっぱら友達はノンケの男女でした。親友もできて、よく恋や人生について語り合いました。そんな中、いろいろ面倒をかけた母親には、孫の顔を見せてあげたい、普通に女性と結婚したい、と思うようになりました。そこに、今の妻と知り合うこととなります。妻とは、同じ地域の音楽サークル仲間でした。とても優しく、面白く、アタシの心を惹きつけました。「あ、この女性となら結婚してもいいな」と思うようになったのです。そして、交際の申し入れ。すんなり受け入れてもらえました。そこから、男遊びを一旦封印しました。そしてアタシの部屋で、妻と二人きりになった時、自然とキスをして、ベッドに連れて行きました。そしたら!どういう訳か、妻とはちゃんとSEXができたのです!これには自分もビックリでした。「この女性を愛してる」という気持ちが、自然とそのまま性欲につながったのでしょう。女性とのSEXは、男性のSEXと違って、本当にステキなものでした。そうです、20代後半にして、無事アタシは童貞を失いました。それ以来、妻との交際とSEXは続き、ついに、交際2年目で結婚の申し入れをしました。答えは「YES」。二人は、ステキな結婚式を夢見て、新たな人生を歩むことになりました。

妻の妊娠、出産、そして

gay-papa

結婚して4年目にして、念願の子宝に恵まれました。これは妻の自己体調管理の賜物だと思います。排卵日をしっかり計算して、その日にSEX。それを繰り返して、程なく妊娠しました。ただ単にSEXしてるだけじゃあ、ダメなんですね。妊娠してからと言うもの、産まれてくる子供のことで頭がいっぱいでした。安定期に入るまで、不正出血があったりして、流産の危機もありましたが、妻は実家に里帰りして、出産に備えました。妻が実家に帰っている間、アタシは、また一人暮らしが始まりました。そうなると、ふとまた男遊びが始まり、発展場に通うようになりました。子供が産まれるのに、男遊び。ちょっと罪悪感がありましたが、快楽には勝てず、ずるずると日が経って行きました。そんな日々を送っていたら、たまたまSEXの相性が良かった、スポーツインストラクターとお付き合いするようになりました。男性と交際するのは、これが初めてで、とても新鮮だったのを覚えています。遠距離の交際でしたが、彼のことが好きになり、逢えるのを指折り数えてました。そうこうしている間に、出産が近づいてきたため、我に返ったアタシは、彼に既婚であることを告げ、別れることにしました。そしてついに、娘が生まれ、アタシは幸せの絶頂を迎えたのです。

子育てと既婚ゲイという生き方

子育ては、大変でしたが、とても毎日が楽しみでした。日々成長する我が子を見ると、幸せでいっぱいでした。でも人間とは欲深いもので、同時に男性ともお付き合いしたい、という気持ちが再び湧き上がってきたのです。罪悪感が無かったわけではありませんが、どうしても自分のセクシャリティを否定したくなかったのです。自分は夫であり、父であると同時に、ゲイでもあるのです。せっかくゲイとして生まれてきたのですから、一度きりの人生を楽しもうと思うようになりました。そして今、妻には内緒で、ステキな彼氏とお付き合いしています。そういう人生を選択したのは、「既婚ゲイ」のセクシャルマイノリティが結構存在することを知ったからです。今、時々既婚ゲイの仲間と集まって、情報交換しています。妻との関係のこと、子供のこと、仕事のこと、彼氏のことなど、話題は尽きません。年に何回もありませんが、楽しみな集まりです。

今回は、いかにアタシが「ゲイパパ」になったのか、一気に文章に書いてみました。同じ境遇の方、ゲイだけど子供が欲しいと思っている独身の方、これから情報交換していければいいな、と思います。今後ともよろしくお願いいたします。

画像出典:More than two legal parents? 

READ  LGBTをカミングアウトして、やられたサイテーな反応

gay_father

15 件のコメント

  • 「せっかくゲイとして生まれてきたのですから、一度きりの人生を楽しもうと思うようになりました。そして今、妻には内緒で、ステキな彼氏とお付き合いしています。」

    すごく身勝手で、不愉快です。奥さんや子どもを裏切って不倫してるってことですよね。自分のことしか考えてない。不愉快な記事です。

  • これは非常に不快で悪質な記事。
    よくこれを掲載許可しましたね。

    タイトルの「ゲイの僕が結婚を決めた理由」、要は「母親に孫の顔を見せてあげたい」という、中高年ゲイにありがちな、考えなしの不誠実な親孝行という名の偽善ですが、それでも結婚して子どもを育て、妻を愛し、家庭を守って支えている、というのならわかります。

    が、妻と子に隠れて男性とおつきあいしていると!

    「既婚ゲイ」はセクシャルマイノリティではないと私は考えています。その方たちはただの不道徳で不誠実で、利己的な性欲を優先して家族を裏切っている卑怯者の集団です。

    ゲイでありたかったら離婚する。離婚したくなかったら男性とはつきあわないか。妻と子に相談して許可をもらう。

    自分の家族に対して誠実でない人は、おつきあいしている男性の人に対しても不誠実であり続けると思います。

    この記事の掲載を許可したLetibeeスタッフの良識のなさと倫理観のなさにがっかりしました。

    • 個人の人生の良し悪しを他人がどうこう言うことではないかと。
      1つの生き方としては、ありではないのでしょうか。
      私は未婚でゲイですが、悪質とも不快とも思いません。
      こういう生き方もあるのだなという人生の参考になります。

      • 「1つの生き方としてあり」とおっしゃっている時点で、あなたも個人の人生の善し悪しについて言及されていますよ。あなたは「善し」とする側なのですね。私は「悪し」とする側です。

        執筆者も掲載者も、こういった記事をネットで公開することで賛否両論が出ることは予測しているでしょうから、いろいろな意見が出て当然だと思います。

        家族に真実を隠し、しかも「既婚ゲイ」を楽しんでいると名言する不誠実な人生を歩む人がいる、という意味では人生の参考になりますね。

        妻や子どもの立場になって考えてみてもなお、この方の生き方を「人生の参考になります」と吉田大輝さんはおっしゃれますか?

  • 「既婚者ゲイ(ゲイパパ)」を全面にだして記事書いてますがきわめて利己的な考え方ですよね。ノンケでいうなら妻子ある人が自分の理性だけ考えて他の女性と関係を持っているいわゆる浮気を理解してほしいと言ってるのと同じですよね。
    しかも、子供流産してからまた男との関係を再開させて熱をあげてることまでなんの罪悪感もなく平然と公に書くなんて神経疑います。
    百歩譲って奥さんが全て承知の上で結婚、出産、男との関係を認めてるならまだしもそうではないですよね。
    読んでいて大変腹立たしく思いました。

  • 要するに自分が「不倫」していることをセクシャルマイノリティを笠に自己弁護してる不愉快極まりない記事ということでいいんでしょうか。

    たとえばゲイだからレズビアンだからと、そのような性的指向を理由に既婚者がその配偶者の方以外と関係をもつことは全く持ってナンセンスです。
    あなたを信じているであろう、あなたの配偶者と娘さんを思うと一番胸を痛めます。

    結婚している人間がその配偶者の方以外と関係をもつことは世間一般的に「不倫」といい、それを平然とやっている方の神経を疑います。私には理解できません。
    ましてや、配偶者が出産の苦しみの中、自分の快楽を優先させそのような行為に及ぶのは自分の下半身が制御できないただのお猿さんと同じではないでしょうか。

    本能だけでなく理性を人間は誰しも持っています。その上で、自分を理性で律することができないでは投稿者が「ゲイ」だからではないと思います。単にあなたが自分の欲望に理性的になれない、かつ、マイノリティを理由にそれを正当化する卑劣な人だからです。

    最後の章で、”せっかくゲイとして生まれてきたのですから、一度きりの人生を楽しもうと思うようになりました。”とある辺りに完全に勘違いしていると思いま
    した。ゲイの方でも結婚すれば、配偶者がどんな性別の方であれ、それ以外の方と関係を持てば「不倫」になり、それはノンケの方々と同じことだということ
    は、少し考えればわかることではないでしょうか。

    「ゲイの僕が結婚を決めた理由」も単にあなたが孫の顔をお母さまに見せてあげたいという
    自己中心的な考えから、という風にしか読みとれません。もしもゲイとして、男性の方と生きるならば、代理母を探すという選択肢や養子縁組という選択もあっ
    たはずです。しかし、あなたは今の配偶者の方を愛し、結婚しています。ならば、その方を想うなら自らの貞操は自らの意思で守るべきではないでしょうか。もしくは、もう配偶者のことを想えないのなら、筋を通し離婚されてから他の男性と関係をもつのが一度婚姻関係を結んだ相手に対する最低限の礼儀ではないですか。

    あなたも、あなたの既婚ゲイの仲間で同じような事をしている方々も同じ、マイノリティを笠にあなた方を信じている配偶者に噓をつき、平気で裏切っている卑俗な方々です。

    願わくば、あなたの配偶者と娘さんのためにも、娘さんが生まれる直前のあなたが、”出産が近づいてきたため、我に返ったアタシ” となったように目を覚ましていただければと思います。

    不倫されているあなたの配偶者と娘さんが本当にかわいそうです。

  • ゲイの世界では同性相手の不倫はOKなんですね。
    バレずに楽しめば皆ハッピー!

    なんて、多分自分はゲイパパさんと
    共通の知人がいると思うんですよ。
    (広いようで狭い世界ですから)
    奥さんとセックスするときは
    こっそり自分でお尻をいじってるって
    聞いたんですけど、
    そんな事可能なんですか?
    体柔らかいですね~。

  • 奥さんに自分がゲイであることを隠して結婚し、浮気を繰り返すあなたの神経を疑います。

    親を安心させる為?娘さんがいらっしゃるみたいですが自分の娘さんがゲイを隠した男性と結婚したらその男性を許せますか?親を安心させる為に娘さんと結婚しましたと言っても許せますか?

    奥さんにも親がいるんですよ、親にとっては大切に育ててきた娘なんです。

    本当に腹が立ちました。
    あなたのような自分のことしか考えられない人間が減り。ますように。

  • 同じセクシャルマイノリティーを名乗って欲しくないです。
    セクシャルマイノリティーを理由に浮気が許されると思ってるんですか?
    不快極まりないです。
    奥様と娘さんに同情します。
    あなたは奥さんがあなたと別の人間と付き合っていて人生を謳歌したいから!と開き直られて許せるんですか?
    自己中心的すぎる考えに吐き気がします。
    浮気がバレれば多額の慰謝料なりなんなりを支払う義務があることも理解していないのでしょうし、奥様をきちんと愛していないのでしょうね。
    たまたま女性とセックスが出来たというだけのガキにしか見えません。
    ここまで不快なことを平然とゲイの当たり前のように語らないで頂きたいです。

  • この上なく自己中心な方ですね。
    同じLGBTとして、いや、人間として恥ずかしいです。

    既婚ゲイという選択ねぇ…笑わせないでください。
    別に自分の性的指向を捨てて父になる事は悪いことだとは思いません。
    個人の自由でしょうから。

    しかし、あなたのやってることはただの浮気です。

    奥様やお子さんの気持ち考えたことありますか?
    あなたはすべての欲求が満たされて満足でしょうが。

    貴方のような家族の幸せを考えられない方は父親として最低ですね。

  • さっきLetibeeという会社のツイッターでこの記事を書いている人の記事で不快になるから削除を依頼したら既婚ゲイというものは浮気をしてもいいものであるという最低きわまりないメッセージをくださいました。皆さんこの不快な記事を削除そして二度と更新されることが無いようにツイッターでリプライなどをしてLetibeeさんに発言してくださいませんか?よろしくお願いいたします。

  • 僕はゲイですが、なんで結婚してんのに浮気してんだよ。
    頭おかしいんじゃないの。
    だったら結婚すんなよ。

  • 読ませて頂いてて、率直な感想です。
    僕はその気持ちがわかります。
    誰になにを言われようと、あなたの人生を楽しく過ごすべきです。

    中には批判する人もいるでしょう。間違っている、あり得ないと言う方もいらっしゃって当然だと思います。世の中には色々な方がいらっしゃいますから。

    彼氏や相方がいるのに浮気してる人は沢山知ってます。
    僕から見れば、それも不倫だと思います。
    彼氏いるのにハッテン場とかセフレとか。
    都合のいいように理由付けしてるだけかと。

    頑張ってください!
    責任も自分でとってください!
    人生一回きりです。楽しんでください!
    嫁も子供も同じように大事にしてください!

    僕は応援してます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です