LGBTなら今すぐ貯金始めないとヤバい理由

money needed for gay seniors

LGBT、ゲイの老後

近頃テレビやら新聞、雑誌なんかで、「超高齢化社会」「少子高齢化」「介護保険」なんてワードを聞いたことがあり、「自分には関係ないかー」とか「まだまだ先の話だしー」など思ってたり、はたまた老後のことを考え過ぎて「あえて老後のことは考えない!」ってネガティブに考えてる方もいると思いますが、いったいゲイってどれぐらい、老後のことを考えているのでしょう?

そもそも自分がこの年齢になるまでリアルに老後について考えることも無く、まだまだ先の話で他人事のようにしか思ってませんでしたが、3年前に介護の世界に入ったのをきっかけにリアルなゲイの老後(自分の老後)……見たくない現実が仕事を通して見えちゃったので、老後のための有益な情報を知って頂きたいと思います。

あなたの税金は「現在の」高齢者のために使われている

皆さんは国のお金(私たちの税金など)が、「介護」のために年間どのぐらい使われてるかご存知ですか?ズバリ、「約10兆円」です!年間、国が使えるお金が約100兆円あります、そのうちの10兆円…つまり国のお金の1割が、介護を必要とする人たちに使われています。なんだかキリの良い数字ですが、ちょっと昔を振り返ると、2000年に介護のために使われたお金は3.6兆円で、たった15年で3倍弱に増えちゃいました。逆にちょっと未来を覗いてみると、2025年には、介護のために使われるお金は21兆円にまで増大することが確実視されています!

わかりやすくすると、下記のようになります。

【介護分野に分配されている金額の推移】
2000年: 3兆円
2015年: 10兆円
2025年: 21兆円

という感じです!

「確かにすごい額ってのはわかったけど、10年後の2025年でも自分はまだお爺ちゃんじゃないから関係なーい」なんて思ってる人いません?はい、実は私がそのうちの一人でした……

現状、私たちが納めている「税金」は現在の高齢者のために使われているようなものです。もちろん、私たちが「お爺ちゃん」になった時、若い世代の人が私たちのために「税金」を払ってくれるとは思いますが、少子高齢化(若い人口よりお年寄りの人口が多いこと)がすごいスピードで進んでる日本では、「税金」を納める人口がとても減るので、現状維持は難しくなってきますし、あてにしてたらバカを見るのは自分です。

今までは、若い人口が増える→納められる税金の額も大きくなる→人口の少ない高齢者に対して、使用できる税金が増える……という好循環がありました。これからは、若い人口が減る→納められる税金の額も減る→増えた高齢者に使える介護の税金も少なくなる。上記のような構図は決まっており、これから先、私たちが今の高齢者と同じような介護保障を受けることは難しくなると思われます。
なぜなら、

①私たちが現在支払っている税金は「現在」の高齢者に使われている
②私たちが高齢者になったときには、税金を納める世代の人口が減少、国が介護保障に使用できる税金の額も減る

今あなたが支払っている税金はあなたのもとに帰ってくる可能性は見込めないこと、そして今後も税金を納める人はどんどん減っていくということを考えれば、少しでも早い段階から若いうちから貯金をして、自分で準備をしておいたほうが絶対に良いです。というより、老後生きていけませんよ。

READ  ゲイ当事者が称賛する、映画「怒り」で妻夫木聡が見せた自然なゲイ演技の凄さを感じる3つのポイント。

money needed for gay seniors

3 件のコメント

  • 税金は高齢者のためにも使われていますが、子どもや青少年にも使われています。その報道があまり広まっていないのは残念だとは思います。ただ、この記事は高齢者介護についての記事なので、他の税金の使い道についえは省略します。

    ライターのton氏が示している

    【介護分野に分配されている金額の推移】
    2000年: 3兆円
    2015年: 10兆円
    2025年: 21兆円

    というデータはどこから持ってきたのか、引用元を追記していただけると、ただの数字の脅しではなく、きちんとしたデータとして認識できるのでありがたいです。

    少子高齢化がこれからさらに進む可能性が高いので将来は心配ですね。老後に備えて貯金していくのは本当に大切だと思います。

    国税庁が毎年公表している『民間給与実態統計調査』 (平成25年分)を見てみましょう。
    http://woman.mynavi.jp/article/150117-57/
    ●25歳以上 - 29歳以下
    男性平均年収:371万円
    女性平均年収:295万円
    計平均年収:339万円
    (しかし男女の年収の格差はすごいですね。一番大きな平均年収の男女差は「●50歳以上 - 54歳以下:368万円)」です。まだまだ女性の年収は低いままです。

    あえて老後にはまだ遠いかなという20代後半の年収のデータをピックアップしてみました。

    Letibee LIFEの別記事に「最低、年収の10%は貯金する」とありましたが、それでいくと、現在25歳、定年が65歳だとして(実際には年収はあがるのでしょうがここはあえて据え置きで)、(339万円の10%=約34万円)年間34万円x41年=1,394万円

    年収が339万円、定年後は働けなくなる(+年金はあてにならないとする)となると、1,394万円÷339万円=4.1120944と、4年少しでなくなってしまう金額です。65歳で定年を迎えたら、70歳までに貯金がつきてしまう計算ですね。生活費以外でも、怪我や病気や冠婚葬祭など突発的な大きな出費がかさんでいくと思うので、預金はあればあるだけ安心だと思います。

    老後の金銭問題は遠い未来の話ではなく、10代、20代という若い世代の頃からきっちりと考えていくべき問題だと思います。

    そうならないためにも、安定して高収入が得られる仕事、簡単に倒産せず、ボーナスなどの賞与が充実している会社、投資信託や株や外貨などの運用など、老後に備えてお金をしっかり貯めていく方法を考えていく必要があると思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です