“Xジェンダー”を人に説明するには、まず○○○から話せ

xgender explanation image

「Xジェンダーとか思い過ごしだろ(笑)にはこう返せ」の反響

Xジェンダーとか思い過ごしだろ(笑)にはこう返せ」の、「実際どのように返すのかという部分が曖昧だ」という指摘をいただきました。今回は、そのあたりの具体的な話について書こうと思います。

私の返し方:同性愛→性同一性障害→Xジェンダー の順に説明

「Xジェンダーとか思い過ごしだろ」と言われた場合、その場で完璧に理解してもらうことは不可能です。そもそも「思い過ごしだろ」という言い方をしてくる時点で、相手はセクシュアリティやセクシュアル・マイノリティ自体にさほど興味も知識もありません。身近にもLGBTがいなかったりします。

しかしLGBTを軽視しているか、というのは人それぞれなので、そこで諦めることはありません。Xジェンダーというセクシュアリティは、他のセクシュアリティの知識があってこそ理解できますから、基礎的なことから説明していくのです。一言に収まる、かっこいいフレーズはありません。しかも、「こう返せ」とタイトルに入れたものの、「返す」なんていう鮮やかなものではなく、お互いに気を使いながらの地道なキャッチボールなのです。

具体的に会話にすると…

私「私はXジェンダーと呼ばれるセクシュアリティなんです」

Aさん「???」

私「ゲイやレズビアンって、同性を恋愛対象とすることだよね?」

Aさん「それはわかる」

私「性同一性障害(トランスジェンダーという単語も通じません)の人は、自分の性別をどう思うかってことでしょ」

Aさん「あー、そうかもね」

私「どんな性別の人が好きか(性対象)というのと、自分をどんな性別だと思うか(性自認)っていうのは、別なんだよ」

Aさん「うんうん。言われてみれば」

私「私は、性同一性障害に近いんですよ。女性の体なんですけど、8割方男性だと思ってる。胸が目立っていやだし、胸をつぶす下着(ナベシャツ)は、体型に合わないから、美容整形の乳房縮小手術(女性のかたちで胸を小さくする)などの方法をとろうかとも思ってるんですよ」

Aさん「何となく分かったかもしれない?」

となります。しかし、身近にセクシュアル・マイノリティがいない人(いないというより、カミングアウトしてくれた相手がいない)ならば、どんどん説明を忘れていきます。

数ヶ月後のAさん「(筆者)さんだって、男性と結婚するかもしれないでしょ?そしたら、もうセクシュアリティなんか問題じゃないよね?」

私「私は男性も好きだし、男性と結婚してもいいんだけど、私が自分をこう思うっていうのとは、別問題なんですよ」

Aさん「・・・???」

つまりは、セクシュアリティの話になるたび、基礎的なこと(性自認と性対象は違うよね?)から繰り返し説明していくのです。「Xジェンダーなんて思い過ごしだろ」と言われることで傷つきはしますが、逆に、理解してもらえたときは、相手の仕事・業界にもその見識を生かしてもらえたりします。また、相手の見方や返答によって、こちらの考え方が育てられることもあります。だから、「この人には言いたいな!」と思える相手を見極めて、説明していきましょう。

社会的に通用する自分なりの説明方法を手に入れることが重要

また私は学生なのですが、大学の先生には説明をしてあります。アルバイトやボランティア先のボスにも説明をしています。このように、家族や友達ではない人にも話してみることは大事です。なぜならば、私は現在ライターとして記事に書いていますが、このようにきちんと社会で通用する自分なりの説明を持てるようになるからです。渋谷区では同性パートナー条例が可決し、アメリカ全州で同性婚が可決しました。この先、LGBTはどんどん私たちの生活で当たり前のものになっていきます。私たちはこれから就職など社会に出て行きますが、就活の準備に加えてみても良いかもしれませんよ。

img via; https://www.pakutaso.com/20141235344post-4927.html

READ  Xジェンダーが苦しむ"名前"問題「社会的記号という感じがする」

xgender explanation image

3 件のコメント

  • 返し方の用例が具体的でわかりやすいです。

    『「この人には言いたいな!」と思える相手を見極めて、説明していきましょう。』には納得です。

    カミングアウト全般にいえることかもしれませんが、自分のまわりにいるすべての人に説明する必要はないと思いますし、これから関係を深めていきたい、より近しく親しくなりたい、と思える人にだけ伝えればいいのではないかと思っています。

    この記事を拝見してから、前記事を拝見するほうが、内容が入ってきやすかったです。

    『来年の今頃どんな暮らしをしたいか?といった未来図を考えてみるのも良い手がかりになるでしょう。』は素敵な提案だと思います。

    私は一年先はもちろん、もう少し先まで広げて「どういう人生を歩みたいか、どういう日々を過ごせば幸せだと感じられるのか、自分にとってなによりも一番大切なものはなにで、それをどう守ったり育んだりしていきたいのか」といった未来図を時折考えます。

    細貝さんの新しい記事を楽しみにしています。

  • 冒頭に書いていただいた、指摘といいますか、コメントをさせてもらった者です!
    わざわざコメントに応えるような記事を書いてくれてありがとうございますm(__)m

    具体的に会話で書いてあるの、とても分かりやすいと思いました。
    セクシャリティーの話に興味が薄い人に話すのは大変ですよね。

    社会的に通用する自分なりの説明方法を見つけるのも大事だと思います。
    そしてそれはXジェンダーという存在がもっと社会で認められるようになるためにも役立つことなので、
    Xジェンダーという存在をもっと社会に説明していかなければいけないんじゃないかと思います!

  • […] じわじわと、国内外で普及するようにカミングアウトしていこうと思います。日本人にXジェンダーをカミングアウトし始めた頃、「思い過ごしじゃない?」と言われがちだったのですが(参考記事:“Xジェンダー”を人に説明するには、まず○○○から話せ、「Xジェンダーとか思い過ごしだろ(笑)」にはこう返せ)。外国から来た人々のほとんどが、普通に受け入れてくれるので・・・相当ギャップでした。(「ほとんど」に当てはまらなかった1名の方は、「若いのにセクシュアリティを決めるのは早いんじゃない?」と言っていましたので、別に否定されたわけでもないです)。 […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です