【動画】「その日から学校が敵になった」TEDで絶賛されたあるトランスジェンダーのスピーチ

o-NICOLE-MAINES-facebook

みなさんは、トランスジェンダー活動家のニコル・マイナスさんを知っていますか?

彼女はトランスジェンダーとして幼少時代から多くの困難を乗り越えてきました。

そんな彼女がTEDで行ったスピーチが観客の心を動かし、絶賛されています。

https://www.youtube.com/watch?v=bXnTAnsVfN8

https://www.youtube.com/watch?v=bXnTAnsVfN8

物心ついたときから、自分は女の子だと思っていた

Before my hair had grown long, I would wear my favorite red turtleneck around my head like Ariel’s long flowing hair

まだ私の髪が長くなかった頃、お気に入りの赤いタートルネックを頭にかぶって、(リトルマーメイドに出てくる)アリエルの長くて流れるような髪のようにしていました。

And every Halloween, I would tell my parents “I wanted to be a girl”. A which are year and a princess for next year

そして、ハロウィーンでは毎回両親に「女の子になりたい」と言っていました。その次の年はプリンセスで。

and of course another princess the following year, but you know the point is I was clearly a girl, but the one thing that I can beg my parents into getting for me was actual girlhood.

そしてもちろんその次の年は別のプリンセスに。でもポイントは私が完全に女の子であったこと。私が両親にお願いできたのは、少女として通用する年齢まででした。

Now, if you haven’t figured out already I’m transgender, but don’t worry, I’m not here to rate your bathroom take your women

さて、まだここにいるみなさんにはっきり理解されていないかもしれないので述べておきます。私はトランスジェンダーです。でも安心してください、皆さんにどちらのトイレを使うのか決めさせて、女性用に行けるようにするために来たわけではありません。

トランスジェンダーというものがどんなものなのか、どれだけ毎日もがき苦しむのかを伝えるため、やってきた

I’m here to tell you what it’s like to be trans, what it’s like to struggle every day with acceptance from yourself and those around you, and of course that inevitable question of which bathroom do we put this kidding

トランスジェンダーというものがどんなものなのか、自分自身を理解し、周りからの理解を得るためにどれだけ毎日もがき苦しむのかを伝えに来ました。そしてもちろんどちらのトイレを使うかという避けられない問題についても。

I was born in upstate New York with an identical twin brother 10 minutes behind me.

私はニューヨークの北部で、私の10分後に生まれた一卵性双生児の弟と産まれました。

A mother who always did her best to make sure I was happy and a father whose expectations for a son I did not exactly need.

母は常に私が幸せになるようベストをつくしてくれましたが、父は私に対して、私が全く必要としていない息子としての期待を持っている人でした。

He expected that my brother and I Jonas that’s his name and before you say anything yes I know our names together Nicole and Jonas do sounds like Nick Jonas.

弟と私Jonasというのが弟の名前ですが、その前に私たちの名前NicoleとJonasを合わせるとNick Jonas(アメリカ歌手の名前)に音が似ていますよね。

He expected that Jonas and I were each going to get our own baseball clubs, play catch with him and go hunting.But. Because of expectations that my father had it was harder for him to accept his child as transgender.

父はJonasと私がそれぞれ野球チームに入って、親子でキャッチボールしたり狩りに出かけることを望んでいました。でも、そんな夢を持っていたせいで、彼は自分の子供がトランスジェンダーであることを受け入れにくくなっていました。

READ  トランスジェンダー、医療現場での差別「血を流している間病院スタッフは笑っていた」

732849_380389-013_Nutt_97808129954

幼少時代のニコルさん(左)

父は受け入れてくれなかった、けど母はありのままを受け入れてくれた

He wasn’t prepared and he didn’t have the information how to raise a transgender kid.
And of course there was always that question for him what do the neighbors think

父は心の準備ができておらず、トランスジェンダーについて情報を持っていませんでした。また、周りの人が”子供がトランスジェンダーであることをどう思うか”という思いが彼の中に常にありました。

So rather than deal with me he buried himself and hobbies and tried to ignore the flame points of his son.

そうして、私にかまうよりも、彼は自分の殻に閉じこもり趣味に没頭し、息子の問題点についてを無視しようとしていたんです。

As you can imagine this left my mother pretty on her own for a while when my brother and I were little.So when it came to her child’s gender, she didn’t have a lot of expectations for what me and Jonas are supposed to be like

お分かりのように、こういった父の状況は、私たちがまだ幼い時に母をひとりきりにさせてしまったのです。けれど、母は自分の子供の性別について、私とJonasがどうあるべきかという期待を大して持ってはいませんでした。

She didn’t care what neighbors’ thought.She cared whether or not we were safe around the neighbors.

母は周りがどう思うかも全く気にしませんでした。
それよりも、私たちが近所で安全であるかどうかを気にしていたのです。

She knew that the world was always going to be an accepting place, so she vowed that at the very least I was going to have a safe place to come back to in her home

母は世界が徐々に多様性を受容する方向に動いていることを知っていましたから、完全に受け入れる土壌ができるまでは少なくとも私が家に帰るまで安全にいられることを大切にしていました。

The only problem with that though was that my dad at home didn’t get it, so she started trying to educate him.

ただ一つの問題は、父が家で理解を示さなかったことでした。そこで母は父への教育を始めたんです。

She loves literature lying around for him, but when he didn’t show much interest, she did what any other sensible sposal do, she left the book in the bathroom.

母は父が読んだっきり転がしている本たちが好きでした。でも父がそれらの本に興味を示さなくなると、母はその本をあえてトイレに置いて行ったのです。

And own behold, when he had run out of other stuff to read in these, there was a book

そして他の本がなくなり、Jennifer Boylandの「She is not there」だけになるように仕掛けたんです。

お父さんには、息子と娘がいるんだよ

https://www.youtube.com/watch?v=bXnTAnsVfN8

https://www.youtube.com/watch?v=bXnTAnsVfN8

This was the beginning of my dad really trying to come around to me being transgender and everyone in my family held (helped) including Jonas who at no more than eight walked(worked) up to my dad and said “face it, you have a son and daughter”.

これが、トランスジェンダーである私に、そして助けてくれている家族みんなに、父が歩み寄るきっかけになりました。Jonasも含め。Jonasは8歳になる前から父に働きかけ、言っていました「立ち向かって。お父さんには息子と娘がいるんだよ」と。

READ  イタリア首相、シビルユニオン法を通すため信任投票を行う意向

With my family on board because start trying to make my transition public, we worked with the school up and are now which is where we moved when Jonas and I were five and we all decided on a gradual transition.

公的に私を転換させるため、私たちは学校に働きかけ、そこはJonasと私が5歳の時に引っ越した場所にあるのですが、私たちは段階的な変革をすることに決めました。

What this meant was I wasn’t gonna burst into school one day and a full dress pearls and heels, and let everyone process that what it meant was that we were going to spreat my transition now over the cause of my elementary school.

それは、私がある日突然変わって、ドレスにパール、ハイヒールになってみんなに理解してもらうのではなくて、私の移行を学年ごとにしていくというもの。

starting with pink wearing, my hair longer using the single strall girls’ bathroom followed fifth grade by the multi-starrer girls’ bathroom wearing skirt and finally using my name Nicole.What I really liked about the gradual transition was that everyone was cooperating and it put no strain on the other students, because they were all east into it with me.

最初はピンクの服からはじめて、髪をのばし、個室1つだけある女子トイレを使い、5年生になったら複数個室の女子トイレをスカートを履いて使い、最後にはNicoleという私の名前を使う…という感じで。何がよかったって、みんなが協力的で他の生徒に対して干渉しなかった点がとても過ごしやすかったですね。

5年生の時、状況は一変した

Everything was perfect until in fifth grade a student who had moved there at the year before and wasn’t there for a gradual transition told his grandfather about me and his grandfather was part of a special interest Christian right group, and he didn’t think that my using the girls’ bathroom was ok.

5年生になるまでは全てが完璧でした。ただ、その年に一人生徒が転校してきました。彼は私の段階的な移行の時にはいませんでしたし、私のことをよく思っていませんでした。そこで彼は彼のおじいちゃんに私の事を話したんです。彼のおじいちゃんは特別なキリスト教のグループの一員で、私が女子トイレを使うことをよく思いませんでした。

His grandson falls me into the girls’ bathroom one day, looks me in the face, and says “My grand pappy says that we don’t have to have any faggots in our school”.

彼はある日女子トイレに私を押し込み、面と向かって言ったのです。「おじいちゃんが言ったんだ、学校でオカマ野郎は受け入れるべきじゃないって

I didn’t know it at the time but that was the beginning it all of my family’s hard work coming apart.

その時は分かりませんでしたが、それがこれから来る私たち家族の試練の始まりだったのです

READ  【画像】速報!新宿2丁目真夏の祭典・第17回東京レインボー祭り

The school stopped co-operating with us.They pulled me from the girls’ bathroom and made me out to be one who does something wrong.

その出来事以来、学校が味方じゃなくなりました。彼らは私を女子トイレからつまみ出し、何か悪いことをしているような風に仕立て上げたんです。

After a few months of isolation, I decided to start using the girls’ bathroom again of my own accord.

それでも何か月か孤独を味わった後、私はもう一度女子トイレを使おうと決心しました。

But, the grandson caught on he made another stunt and again I found myself in the principal’s office with her giving me and look saying “You know weren’t supported to go in there”.

でも、その孫が他の子を使って私を捕まえ、私はまた校長室で自分自身について思い知らされることになりました。落ち込んでる私を見て先生は言いました「そこに行くべきではないとわかっているでしょう?」と。

So from then on thoroughly an under the end of 6th grade, I was to have a bodyguard who to follow me at all times stand 10feets behind me and make sure that I used isolationship with the bathroom, just because the school was afraid that the grandfather’s group I assume.

その時から6年生が終わる時までずっと、私は望んでもいないボディーガードをつけられました。彼らはいつも私の後をついてきて、数メートル後ろで立ち、私が個室トイレしか使えないようにしました。それはたぶん、学校があのおじいちゃんのグループを恐れていたからだと思っています。

後編はこちら:「すでにあなたもトランスの物語の一員」あるトランスジェンダーのスピーチ後編