TEDで絶賛されたあるトランスジェンダーのスピーチ【後編】

https://www.youtube.com/watch?v=bXnTAnsVfN8

スピーチ前編:TEDで絶賛されたあるトランスジェンダーのスピーチ

学校を辞めなければいけないほど、差別された

https://www.youtube.com/watch?v=bXnTAnsVfN8

https://www.youtube.com/watch?v=bXnTAnsVfN8

I would get up to the bathroom from class and the teacher would stop me at the door and tell me to wait for whoever was following me that day in front of everyday.

私がトイレに行こうと席を立つと、先生がドアの前で止めて、だれか付いてきてくれる人を待ちなさいとみんなの前で言いました。

The humiliation was unimaginable.My family eventually have to leave that school and leave or now because the school could not and would not be reasoned with.

この屈辱は私の想像を超えていました。理屈が通じない、今後も通じそうにない。私たち家族は、学校を去る以外に選択肢はありませんでした。

For the next two years, we had to live in hiding and live apart, because my father had to stay behind to keep his job.

その後の2年間、私たちは隠れて暮らすことになりました。さらに父は仕事をし続けなければならないので、引っ越すことはできず、家族も別々に暮らすことに。

For those next two years in middle school, my parents had to warn me and Jonas never to tell anyone who we were or we have to move again.So I shut down for those two years.

「中等教育に通う2年間は、絶対に誰にも自分たちのことを話さないように」と、両親は私とジョナスに強く言い聞かせる他ありませんでした。言えばまた引っ越すことになるからです。両親に言われた通りに、私はその2年間、他人との交流を絶ちました。

I don’t have any sleepovers and I don’t visit any friends.I was like a ghost.I went to school and I came home.

そのころの私はまるで幽霊のようでした。友達の家に遊びに行くことも、お泊まりもしませんでした。ただ学校に行って帰ってくる……そんな毎日でした。

When the time for high school came, we were approached by a local private school place called Wainfleet.

高校に進学する時期になり、Wainfleetという場所にある現地のプライベートスクールから声がかかりました。

And from my visit there, I learned that were progressive and Forward-thinking, and my brother and I were accepted.

その学校はとても進歩的で、考えが進んでいて、私たちは入学を決めました。

And the best part was my parents told us that at this new school we won’t have to hide anymore.

中でも最高だったのは、両親が言ってくれた「次の学校ではもう隠さなくてもいい」という言葉でした。

So I win free.

そう、私はやっと自由になれたのです。

https://i.ytimg.com/vi/whJzVWPuFew/hqdefault.jpg

ミドルスクール時代のニコルさんと、双子の弟のジョナスさん。

自由になった、葛藤もあった

They start each school year off by sending the students on a bonding trip.They do this by dropping the freshmen in the middle of the woods and tell us to get along.

毎年学年のはじめは、生徒たちに絆を深める旅(林間学校のようなものですね)をさせるんです。
やり方は簡単、森の真ん中に新入生を降ろして「仲良くね」って、それだけです。

It’s charming, we’re staying in New York.

素敵ですよね、私たちはNYに住んでいるんですから。

But during his trip, I noticed something I was struggling with.I didn’t know how to tell these kids who I was.

でもその間、私は思い悩み葛藤していました。学校のみんなににどうやって自分のことを説明していいのか分からなくなっていたのです。

READ  ニューヨーク・タイムズ、パキスタン版の記事ではゲイカップルのキス写真の部分が空白に…

In those two years, I’ve been so diligent and keeping my secret, I actually forgotten how to come out people.It’s been so easy when I was younger you know.

この2年間、とても真面目に秘密を漏らさずやってきて、どうやって自分のことを表していいのか忘れてしまっていたんです。幼いころは、すごく簡単だったのに。

I would just walk up to somebody, and say “My name is Wyatt. I’m a boy who wants to be a girl, and what’s your name?”.

誰かの所に歩いていって、「僕の名前はWyhattで、女の子になりたい男の子なんだけど、君は何て名前?」って言うだけ。

But now, it was mystery to me, so I spent that entire trips sitting on my secret and I just remember how uncomfortable I was when I watched all of my new classmates getting their swimsuits and go down to the lake together.

でも、そのときの私にとって、カミングアウトの方法は迷宮入りでした。だから、この旅ではずっと自分の中で秘密を押し込めて覚えて過ごしました。ただ、覚えているのはクラスメイトが水着を着てみんなで湖に行く光景を見てすごく居心地が悪かったってこと。

On the bus ride home, I sat next to the girl named Leah who had grown particularly close to.About half way through the ride she told me that she had a secret.

帰りのバスの中、私はLeahという名前の女の子のとなりに座りました。育った場所もお互い近所でした。しばらくバスが走ったあと、彼女は秘密があると打ち明けたんです。

She told me that she was pansexual.

「自分はパンセクシャルなんだ」と教えてくれました。

Imagined my relief, so you know, this is my chance.

その時の私のほっとした気持ちを想像してみてください。「これはチャンスだ、今しかない」と。

I latched onto the skin like I’m serious, I grabbed her and I held her.And I told and I came out her on the bus.

私は彼女の腕をつかみました。冗談ではなく、彼女をつかんで離しませんでした。そしてバスの中でカミングアウトしたのです。

For the first time in two years.And she actually told me that it was cool.She asked me a couple of questions and what she really did was give me a place to talk about myself that I haven’t had in years.

誰かに打ち明けたのは2年ぶりでした。彼女は私にかっこいいと言って、いろいろ話しました。彼女は、私が何年も持つことができなかった、自分のことを話す場を与えてくれたんです。

And, she gave the confidence to keep coming out to other kids when fully as the weeks went on.And every response I got was very cool and the fact that I was transgender was not big news to these kids.

そして、彼女は数週間かけて他の子にも話していくという勇気も与えてくれました。みんなの反応は、とても爽快で、私がトランスジェンダーだという事はみんなにとって大きな問題ではありませんでした。

And they’re made me feel like it was the most normal thing in the world, because it is.

みんなのおかげで、「この世界では全く普通のこと、だって普通じゃん」という気持ちになりました。

READ  トランスジェンダーのリアル人生を描く映画「ハイヒール革命!」は是なのか、それとも否なのか。

自分がトランスジェンダーであることが全く問題じゃないと思えるようになった

https://www.youtube.com/watch?v=bXnTAnsVfN8

https://www.youtube.com/watch?v=bXnTAnsVfN8

Another strange thing happened while I was briefly.

それから間もなく、私の中でまた違った変化が起こりました。

Somewhere during my four years there and I don’t know when, I came to be ok with being trans.I accept myself and my body.

この学校にいた4年間のどこかで、いつかは忘れたけど、トランスジェンダーであることは全く問題ないと思えるようになったんです。自分自身と、自分の身体を受け入れられるようになったんです

I came to feel normal and I didn’t even realize it.I was able to reach a point where you know I was exactly comfortable.

その感覚はごく自然に入ってきて、自分でも気づきませんでした。自分が心地のいいと思える場所にたどり着くことができたのです。

With what I have done that but it wasn’t biggest travesty anymore.And it was people like Leah who gave me the space to do so.Acceptance at home, it’s fundamental yes, but frankly it’s just not enough.

今までこだわってたものに固執しなくなった。Leahのような自分を表現できる場所を与えてくれる人たちがいたおかげです。家族、家の中で受け入れてもらうことはもちろんとても大事、でも正直に言うとそれだけでは足りなかったんです。

Trans youth like most young people spend the majority of their time in school, and if you spent Monday through Friday from 8 to 3 being told that you were not ok, that you were wrong,  how were you supposed to think otherwise.

トランスの若者は時間の大半を学校で過ごしますよね。月曜から金曜8時から3時まで
「お前はふつうじゃない」
「君はおかしいんだ」
そんな風に言われ続ける中で「私はおかしくない」って思える人なんているんでしょうか?

Home and community being accepting together to create a space for kids to connect themselves.I was able to do it, because the fact that I was trans, wasn’t being constantly shut down my throat.

家庭やコミュニティというのは、子供たちが自分自身と向き合うための空間をつくるために存在しています。私はそれができました、なぜなら私自身がトランスであるという事実を否定されたりしなかったから。

And I don’t have to spend every second of every day thinking about it, hiding it, ad feeling like I was an abnormality.

私はもう毎日そのことについて考え込む必要も、そのことを隠して、自分が普通じゃないと感じる必要もありません。

Trans kids we deal with this 2 or 3 years old concept of gender. Cis kids, your gender is affirmed immediately.But trans kids don’t get that.

トランスの子供たちは、自分の性別と向き合うのに2~3年は必要だと言われています。性別に違和感のないシスジェンダーの子供たちはすぐに自分の性別を受け入れますが、トランスの子供たちには難しいのです。

We don’t get to focus on what we wanna be when we grow up.I don’t even remember.

大きくなったら何になりたいのか、ということも考えられません。私も覚えていません。

All I remember is that I needed to be a girl, and I couldn’t move on until that was affirmed invalidated.I was trapped in gender.

ただ覚えているのは、私は女の子になる必要があって、それができないんだとわかるまで先に進めなかったこと。性別に囚われていたのです

READ  ジェイデン・スミス、“女性向け”の服でルイ・ヴィトンの広告に登場

We were reminded of it on every legal form ever passports, licenses, taxes, application seven bathrooms are separated male and female.

私たちは男女が分かれる法的な手続き書、パスポート、運転免許、税金、申請書、トイレまで、そのすべてにおいて思い知らされます。

この世界で生きているのであれば、もうトランスの物語の一部

Now there’s a lot of important messages that I could highlight for you all,and trust me I could go on forever about every little thing that needs to be done to fight for trans’s equality, but I’ll spare you.

さて、ここまで皆さんにお伝えしたい大切なメッセージがたくさんありました。ほんとに、この手の話ならいくらでも話し続けられますが(笑)、皆さんに迷惑はかけません。

What I want you all to leave here today knowing is that you can be Leah.

ここで皆さんに知っておいてほしいのは、みなさんがLeahになれるということです。

You have a power to make a different is someone’s life.

皆さんには力があります、誰かの人生を変えることのできる力が。

Because you never know when a trans gender person is gonna come into your life, you need to be prepared and you need to be ready to help them.It might just be some kid at your grand son’s school or it might be your daughter.

いつトランスジェンダーと関わるかなんてわからないものです。だからそんなとき、彼らをサポートする準備が必要です。もしかしたら、孫の学校の子供かもしれませんし、あなたの娘かもしれない。

Either way, you have to be prepared.

いずれにせよ、準備しておいてほしいのです。

My father didn’t think it had anything to do with him. Guess what? It did.

私の父はそんなことは全く自分に関係ないと思ってました。

でもどうです?こんなに身近にいたんですよ(笑)

If you are on this earth, you are part of trans story.You need to be ready to be Leah.

この世界で生きているのであれば、もうトランスの物語の一部です。だから、Leahになる準備が必要です。

You have the power to help someone by imagining more than two boxer male or female.

皆さんには力があります。男性、女性のチェック欄とらわれずにイメージして誰かを助けられる力が。

You have the power to create safe environments where whichever box they check, isn’t the most important part to somebody.

皆さんには力があります。性別欄のどちらにチェックをいれるかどうかが重要ではないような安全な環境を作り出せる力が。

You have the power to educate others and yourself.

皆さんには力があります。他人を、そして自分自身を教育できる力が。

You have the power to bridge those gaps.

皆さんには力があります。こういったギャップの橋渡しになれる力が。

You have the power.

皆さんには力があります。

Thank you.

ありがとうございました。

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=bXnTAnsVfN8