フロリダ ゲイクラブ銃乱射事件 報道まとめ その1

フロリダゲイクラブ銃乱射事件報道のまとめ

米フロリダ州オーランドのLGBTナイトラウンジ”PULSE”にて、
現地時間6月12日未明、
男がいきなり発砲し50人が死亡(内1人は犯人)し、53人が負傷したとCNNが伝えた。

事件発生時間は現地時間深夜2時頃、その後犯人は数十名を人質として立て篭り、
午前5時頃、人質の救出作戦が決行され銃撃戦となって犯人が死亡したとハフィントンポストは伝えている。

事件発生時(現地夏時間・午前2時/日本時間・午後3時)にPULSEのfacebookページに書き込まれたメッセージ。

画像引用元 https://www.facebook.com/pulseorlando/?fref=ts

画像引用元 https://www.facebook.com/pulseorlando/?fref=ts

『みんなPULSEを脱出して、走り続けて!』

事件発生時、PULSE店内には320人がいたとGay Star Newsが伝えた。

事件発生から犯人射殺までのPULSE内部の様子を被害者のツイートから探る記事毎日新聞が発表。

共同通信によると
「米CNNテレビは、フロリダ州の乱射事件について、米国で起きた銃の乱射事件では史上最悪の被害と報じた。」

店に立て篭った男(オマル・マティーン)は、警官隊に射殺された。
「テロリストと疑わしき」と報じているメディアもあるが、
現時点では詳細は不明。
BBCによると
容疑者はテロリストのウォッチ・リストには入っていなかったが、
最近別の事件に関連して捜査されていた、とのこと。
※のちにISISがオマル・マティーンが戦闘員であるとの声明した。

共同通信によると
『米紙ワシントン・ポスト(電子版)は12日、容疑者がフロリダ州のオマル・マティーン容疑者(29)と特定されたと報じた。男の親族と治安当局者が確認したという。家族はアフガニスタン出身という。』

※記事タイトルでは「ゲイバー」と表記しているが、日本のゲイオンリーのバーとは違い、欧米のバーは基本セクシャリティフリーなので様々なお客さんが来店する。

USA TODAYによると”PULSE”は単なるゲイバーではなく、この地域のセクシャルマイノリティに対する意識啓発の目的をもって作られたとのこと。(オーナーの1人である女性の兄弟はAIDSで亡くなっている)

このテキストの冒頭部分を外大卒(正確には”除籍”)のサムソン高橋氏が翻訳ツイートしているのを転用。

huffpostqueerは”PULSE”はオーランドのLGBTQコミュニティにとってのライフラインだと報じた。

AFP通信
『クラブ内にいた男性はスカイ・ニュース(Sky News)に対し、「午前2時ごろに誰かが銃撃を始めた。その場の人たちは皆すぐに床に伏せた。照明のガラスがバラバラと落ちてきたので、犯人は天井を撃っていたのではないかと思う」と語っている。この男性によると発砲は「ノンストップで」1分弱続いたという。』
と報じている。

店を取り囲んだ警官隊と犯人の銃撃戦と思われる生々しい音声が収められた映像は
the guardian が配信している。

BBC も発砲音が生々しい映像を配信。

警官隊に射殺された犯人はOmar Mateen(29歳)

画像引用元 http://www.wnd.com/2016/06/terrorist-omar-mateen-29-was-investigated-by-fbi/

画像引用元 http://www.wnd.com/2016/06/terrorist-omar-mateen-29-was-investigated-by-fbi/

ニューズウィーク日本版が報じたところによると、Omar Mateen容疑者は警備会社の最大手に勤務しており、業務の一環で銃を携帯していた。

NBC Newsは彼の父に電話インタビュー。

『息子は男性同士がキスしているのを目撃して激怒していた。今回の事件は、LGBTコミュニティに対する憎しみが引き金となったのでは』と語った。

そのOmar Mateenの父に関しては、このような報道もされている。

彼と数ヶ月間の結婚生活を営んだ前妻がThe Washington Postの取材に応えた。

TWP

『Omar Mateenの一家はアフガニスタン人だが、彼はニューヨーク生まれである。結婚していた数ヶ月間の様子ではイスラム教への信心深さを感じず、イスラム過激派に傾倒しているようにも見えなかった。Omar Mateenは情緒不安定で、ささいなことで家庭内暴力をふるうようになり離婚した。』

ISISのメディアが、今回の事件を自分たちの戦闘員による犯行だと認めたと報じた。

共同通信が報じた。

CNNは、犯人のOmar Mateenがここ数日の間に2丁の拳銃を合法的に購入したと報じた。

Washington Postが、銃乱射事件に使われたタイプの銃を公表した。

そのような銃が、一般的に流通して購入できることに疑問を呈するツイート。

ロサンゼルスのプライドパレードに対してテロ行為を図ろうとした男を未然に防いだと朝日新聞が伝えた。

LAのパレードを襲撃しようとして逮捕されたジェームズ・ハウエル容疑者の逮捕の模様、本人画像など
AFP通信の日本語サイトで公開中。

BBCが発砲事件発生時にPULSE内にいて無事だった人に状況をインタビューしている。

この事件を告げるThe New York Timesの一面

アメリカ合衆国史上最悪の50人を死亡させたゲイ・ナイトクラブへの銃乱射事件の犯人を、ISISは称賛した

READ  【ジェンダーマリアージュ】同性婚の権利を勝ち取ったドキュメンタリー映画は、エキサイティングな衝撃と感動だった。


THE WALL STREET JOUNAL
は、ニューヨーク、テルアビブ、ローマ、サンパウロ、パリなど世界各地で黙とうが行われた模様を画像で紹介している。

アメリカ西海岸に滞在中のライターMasahiro teradaさん( @dilse_jp )が
サンフランシスコのカストロストリート(東京に於ける新宿2丁目のような街)での
追悼集会の模様
をレポートしています。

You tubeにアップされている映像より

■射たれて殺された方の遺体が店の前の路上に並べられている映像

■PULSEが取材された映像(7年前のもの)

ゲイをカミングアウトしている名優ジョージ・タケイ氏が事件への弔意をツィートで示した。

OUT Magazineは、今夜開催されるトニー賞はオーランド銃撃事件の被害者に捧げられると報じた。


huffpostqueerはトニー賞のオープニングで司会のジェームズ・コーデンが
この事件に対して力強いメッセージを述べたと伝えた。

画像引用元 http://www.huffingtonpost.com/entry/james-corden-opens-tonys-with-powerful-message-to-orlando-shooter_us_575dfa35e4b0ced23ca86c12?ir=Queer+Voices&section=us_queer-voices&utm_hp_ref=queer-voices&

画像引用元 http://www.huffingtonpost.com/entry/james-corden-opens-tonys-with-powerful-message-to-orlando-shooter_us_575dfa35e4b0ced23ca86c12?ir=Queer+Voices&section=us_queer-voices&utm_hp_ref=queer-voices&

『今まさに、あなたは孤独な存在ではないと、私達はお互いに伝えあえるのです。あなたに降りかかる災いは、私にとっても哀しみであります。劇場は、すべての人種、宗徒、セクシャリティ、ジェンダーを平等に包み込み、愛する場所です。憎しみは決して勝利することはありません。皆さんと共に、それを確実なものにしていきましょう。』

マドンナがSNSでメッセージを配信した。
『暴力、人を傷つけること、憎むこと、差別することを正当化するために、神や宗教の名前を使ってはならない』

レディー・ガガがメッセージをツイートした。

『この銃乱射事件のすべての被害者とそのご家族に祈りを捧げます。彼らの痛みに対して、世界中から哀悼の意と支援をよせてください』

アダム・ランバートがメッセージをツイートした。

『僕の心と祈りは、オーランドのPULSEにいたブラザーとシスターのもとにあります。失われたすべての命のご冥福をお祈りします。』

アリアナ・グランデがメッセージをツイートした。

『なぜ、なぜ、なぜ、そんなに人を憎めるの???? 私の心は…..
砕け散ってしまったわ。オーランドのすべての被害者の家族のために祈ります。心からのお悔やみを』

この事件により多くの負傷者が出て大量の血液が必要となっているが、
多くのゲイは輸血が禁じられているとThe New York Timesが報じた。

その理由を北丸雄二氏がtwitterで解説。

その後、オーランドで献血希望者の長い列ができていると7News Boston WHDHが報じた。

プライド月間である6月は全米各地で毎週末プライドパレードが開催されている。
(オーランドは10月に開催予定)
6月12日にプライドパレードが開催されるロサンゼルス州知事が発したメッセージを
The New York Timesが伝えた。
『パレードは続く。私達は前に向って行く。私達は愛することを止めない、そして今日、憎しみに直面しても誰かを支え合おう』

※事件の詳細が判明次第、この記事に情報を追加しています。

READ  2016年の開催はいつ?台湾各地のLGBTプライドを大予測!

この事件に関する他のメディアの報道
産経ニュース
CNN

PULSEの公式サイト

もっと読む

フロリダ、ゲイクラブ銃乱射事件 報道まとめ2

フロリダ、ゲイクラブ銃乱射事件 報道まとめ2

【コラム】ゲイクラブ銃乱射事件に思う サムソン高橋

【コラム】ゲイクラブ銃乱射事件に思う サムソン高橋

フロリダゲイクラブ銃乱射事件報道のまとめ

ABOUTこの記事をかいた人

いたる

LGBTに関する様々な情報、トピック、人を、深く掘り下げたり、体験したり、直接会って話を聞いたりしてきちんと理解し、それを誰もが分かる平易な言葉で広く伝えることが自分の使命と自認している51歳、大分県別府市出身。LGBT関連のバー/飲食店情報を網羅する「jgcm/agcm」プロデューサー。ゲイ雑誌「月刊G-men」元編集長。現在、毎週火曜日に新宿2丁目の「A Day In The Life」(新宿区新宿2-13-16 藤井ビル 203 )にてセクシャリティ・フリーのゲイバー「いたるの部屋」を営業中。 Twitterアカウント @itaru1964