私がHIVに感染した原因

hiv-infection

HIVに感染したきっかけ

当時mixiが全盛期であり、インターネットでのゲイの出会いといえばmixiって感じ。色んなコミュニティや色んな繋がりで人と繋がれる。いつでもそこに人がいる、そんな安心感。ゲイデビューをしたばかりの僕は、その手軽で沢山の仲間に出会えるその世界に、のめりこんでいきました。

『簡単に出会える分、病気を持ってる人もいる、だから病気、特にHIVには気を付けなよ?』

友達にそう言われていたけども、僕は自分には関係ないと思っていました。若い自分には関係のない世界だと思っていました。そんな中、僕は彼と出会いました。

Mixi を通じて出会った彼

hiv-infection

彼は、とても笑顔が素敵で落ち着いた感じの方でした。彼はタイと日本を行き来しており、小説を書いている方でした。ちょうど彼が帰ってくるその日に会うことになりました。場所は夜の新宿。待ち合わせ場所で暫く待っていると、彼が現れました。眼鏡がとても似合う、穏やかな人でした。

 急な展開

彼がピザを食べたいということで、シェイキーズへ行ったのは、よく覚えています。彼と色々な話をしました。お互いの趣味、仕事、お酒は飲めるのか、好きなタイプ等、色んな話をしました。僕のことがとてもタイプだと言ってくれました。僕もとてもタイプだったので、嬉しく思った覚えがあります。

『まだ時間はありますか?』

そう彼が尋ねた為、時間はあると伝えると、『紹介したいお店があるんだけど、付き合ってほしい』と言われ、手を繋ぎながら二人で新宿二丁目へ向かい、彼の行きつけのBarに行きました。

てっきり太った人と細い人が出会うお店に行くのかと思っていたら、細い人同士で出会うお店でした。「デブと細い人が出会う店で、昔嫌なことがあったから、行かなくなったんだ。」そう話されたので、深くは追求しませんでした。暫し飲んだ後、彼がうちに来たいとのことで、終電前に帰ることになりました。

突然、エレベーターでキスをされ、告白をされました。僕も好きだという気持ちを伝え、いきなりすぎるけど、お付き合いしようということになりました。家に帰り、初夜を迎え、一つになりました。この時、僕も彼もゴムを使うことを提案しませんでした。

「病気なんて持ってないだろ、自分もないんだし。もし、なっても愛でどうにかなるよ。」

「愛があれば、病気なんてどーにでもなるよ」そう、思ってました。

 

この事が後に響くとも知らずに……
画像出典:http://www.health-e.org.za

1番最初から読む 前の記事を読む 次の記事を読む

READ  ヨーロッパの複数のゲイアプリが、HIV検査の広告の掲載スペースを無料で提供