「友情結婚しない?」知人から友情結婚を持ち掛けられた時の話

paradise14-1

友情結婚、しない?

レズビアンの私が、ゲイの知人から

友情結婚を持ち掛けられた時の話です。

友情結婚:私の場合

paradise14-1 paradise14-2 paradise14-3 paradise14-4

ケース1:国籍

初めて友情結婚の誘いを受けたのは

まだ20代の頃。

当時仲良くしていたゲイの友人からでした。

私自身は周囲にカミングアウトしていたので

友情結婚する意味はあまりなかったのですが

話を聞いてみると…。

「ペルー国籍の僕の彼氏と結婚してほしい。」

「ペルーの家族に挨拶に行ってほしい」

と衝撃の提案でした。

 

会ったこともない上に、

外国籍となると…。

手続きの大変さは聞いたことがありましたし

カミングアウトしている自分が

友情結婚することで周囲を混乱させる虞があったため

お断りしました。

ケース2:出産

家を提供するからカップルで友情結婚しないか

と持ち掛けてきたのは、独身のゲイカップルでした。

出会って間もないけれど、

カップル同士4人の共同生活も楽しそうだなと思いました。

が、彼等の本当の目的は

レズビアンの私たちに

自分の子供を出産して貰い、

親権も自分が持つことでした。

出産も結婚も

元々望んでいなかった私たちは、

丁重にお断りしました。

私が友情結婚を選択しない理由

私達の周りには、友情結婚をした友人が

多く存在していますが

話を聞いてみると

「失敗した」

「こんなハズではなかった…」

という声が多いです。

だから尚の事、

友情結婚を私たちは選びません。

もっと読む

READ  「自分の家に帰れない…」ゲイと友情結婚した女| 世にも奇妙なLの物語

paradise14-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です