最新LGBTニュースをまとめてチェック!2017.06 前半

title_201706_01_Fotor

LGBT最新ニュースをクリッピング。
2017年6月前半の国内外のLGBT関連ニュース25本をまとめました。

01
2017.06.18 THE TENNIS DAILY
女子テニス界の偉人ビリー ジーン・キングがノースウェスタン大学でスピーチ

アメリカ、ノースウェスタン大学の卒業式で、女子テニス界の偉人として知られるビリー ジーン・キングが、卒業生へ向けてスピーチ。「社会的多様性の受け入れに関して言えばミレニアル世代はこれまででもっともいい時代だ」と語った。、、ミレニアル世代についての利点について語った。キングは、1981年に同性愛者であることをカミングアウトとした初めての有名女性アスリートとなった。

02
2017.06.16 AFP BB
セルビア首相に同性愛公表の女性、バルカン諸国初

15日、セルビアのアレクサンダル・ブチッチ大統領は次期首相に女性でレズビアンであることを公表しているアナ・ブルナビッチ行政・地方自治相(41歳)を指名した。ブルナビッチ氏は、昨年8月に行政・地方自治相に就任するまで政治とは無縁だったが、政界入り1年もたたずに首相に就任することになった。元来、保守的なセルビアおよびバルカン半島諸国では初となる画期的な出来事。

03
2017.06.16 Buzz Feed Japan
「強姦罪」改正 盛り込まれた「被害者としての」男性・性的マイノリティという視点

性犯罪の内容を抜本的に変更する改正刑法が6月16日、参院本会議で可決、成立した。今回の改正で、女性以外も「強姦の被害者」に含まれることになり、法定刑の下限も3年から5年に引き上げられた。9つの点への配慮が盛り込まれた附帯決議の一つに「被害者となり得る男性や性的マイノリティに対して偏見に基づく不当な取扱いをしないこと」と明記された。

04
2017.06.15 AFP BB
アイルランド首相に初の同性愛者 バラッカー氏が就任

14日、アイルランド議会は、統一アイルランド党の新党首レオ・バラッカー氏(38歳)を新首相に選出した。バラッカー氏は就任演説で、自身の若さを強調し、過去の政治は国の目的達成にふさわしくないと力説。「私が率いる政府は、左でも右でもない。そのような区別をしていては、現在の政治的課題は理解できない」と宣言した。

05
2017.06.15 ロイター
中国のLGBT9組がクルーズ船上で挙式、国内では違法

中国で1週間にわたって行われている性的少数者(LGBT)の啓発イベント「プライド」に合わせ、中国から日本に出航したクルーズ船上で、LGBTカップルが結婚式を挙げる。中国では、同性愛は違法ではないが、同性婚は違法。社会はより寛容になってきているものの、LGBTの人々はいまだに差別に苦しみ、家族から結婚して子どもを設けるよう圧力を受けている。

06
2017.06.15 毎日新聞
LGBT「理解を」入間の細田智也市議 当事者が初の一般質問/埼玉

今年3月の市議選で当選して、FtM男性として初の自治体議員となった入間市の細田智也市議(25歳)が14日、市議会本会議で初めての一般質問に立った。かなり緊張した様子ながら、市のLGBTへの取り組みをただし「これからも理解を広げるための提案を続けたい」と語った。

細田智也入間市議(東京レインボープライド2017にて)撮影:ナカノタイスケ

細田智也入間市議(東京レインボープライド2017にて)撮影:ナカノタイスケ

07
2017.06.14 AFP BB
同性愛の男性3人が家族に コロンビア、初の「ポリアモリー婚」

昨年、同性婚が合法化された南米コロンビアで12日、同性愛者(ゲイ)の男性3人(俳優のビクトル・ウゴ・プラダ氏、スポーツインストラクターのジョン・アレハンドロ・ロドリゲス氏、ジャーナリストのマヌエル・ホセ・ベルムデス氏)が、同時に複数の人と性愛関係を築く「ポリアモリー(複数愛)」の世帯として国内で初めて法的に認められたことを明らかにした。

08
2017.06.13 毎日新聞
働く性的少数者を支援 企業など事例報告 名古屋/愛知

LGBTなど性的少数者が自分らしく働くための環境を考えるイベント「ワーキング・レインボー・エキスポ」が、6月10日、名古屋国際センター別棟ホールで開催された。名古屋を活動拠点にする民間の支援団体「オンザグラウンドプロジェクト」が主催し、LGBTの支援に取り組む企業のほかLGBTの社会人や学生、その支援者など180人が参加した。

09
2017.06.12 ハフポスト
世界各地で開催、LGBTの祭典ゲイ・プライドがすごい。アメリカはトランプ大統領に抗議

プライド月間の6月に世界各地で開催されるプライドパレード。ワシントンD.C.(アメリカ)ロサンゼルス(アメリカ)ロンドン(イギリス)バーミンガム(イギリス)ローマ(イタリア)トゥルーズ(フランス)ハーグ(オランダ)ソフィア(ブルガリア)アテネ(ギリシャ)テルアビブ(イスラエル)ハバナ(キューバ)ポパール(インド)の模様を写真で紹介。

10
2017.06.12 AFP BB
メイ政権のカギを握る英地域政党DUP、主張や過去に懸念

英総選挙で過半数割れを喫した与党・保守党を率いるテリーザ・メイ首相が政権を維持していく唯一の見込みは、北アイルランドのプロテスタント強硬派政党「民主統一党」の協力を取り付けることだと目されている。しかし、1977年に反同性愛運動「アルスター(北アイルランド)をソドミーから救え」を展開したDUPは、人工妊娠中絶や男女平等などの社会問題については特に、清教徒的と批判されるほど厳格な見解をいまだ堅持しており、英国の有権者や政治家らの間には警戒感が広がっている。

11
2017.06.12 AFP BB
世界各地でゲイ・パレード開催、多様性を訴え

12
2017.06.12 CNN.jp
韓国軍、同性愛の兵士を一斉摘発 「屈辱的な取り調べ」も

兵士の同性愛を禁止している韓国軍が、同性愛者の一斉摘発を行ったとして人権団体などの非難の的になっている。別の男性と性的関係を持ったとして罪に問われた男性兵士は、匿名でCNNの取材に応じ、屈辱的な取り調べを受けたと告白した。

13
2017.06.12 ビジネス+IT
「東京レインボープライド」参加企業から読み解くLGBT対応の今

東京レインボープライド2017には、IBM、マイクロソフト、オラクル、ヤフー、グーグル、ライフネット生命、AIGジャパングループ、丸井グループ、伊勢丹新宿店などの企業が参加。彼らの取り組みや出展内容から、企業のLGBT対応の今を読み解く。

14
2017.06.11 読売新聞
テルアビブで20万人同性愛者行進…政府もPR

イスラエル中部の商都テルアビブで9日、20万人以上が参加して「プライド・パレード」が開かれた。イスラエル国民の8割近くがユダヤ教徒で、同性愛は宗教上、基本的に認められていないが、テルアビブではユダヤ教の戒律に縛られずに生活する人が多いという。テルアビブの人口約42万人のうち約25%が、同性愛者ら性的少数者だとする地元メディアもある。

15
2017.06.10 ハフポスト
トランスジェンダーの男性、第一子を妊娠「たまたま、妊娠できる男性だった」

アメリカ・オレゴン州に住むFtMのトランスジェンダー男性が、男性パートナーとの間に第1子を妊娠したことが明らかになったとCNNなどが報じた。妊娠を明らかにしたトリスタン・リーズさん(34歳)は、FtMのトランスジェンダーで、性別移行する際に生殖器を残しておくことを選択したという。

16
2017.06.10  弁護士ドットコムニュース
台湾「同性婚」法制化へ…世論を動かした、ある中学生の悲劇的な死

台湾で2019年5月までに同性婚が法制化される。最高司法機関「大法官会議」が5月24日、同性婚を認めない民法の規定は違憲だと判断したからだ。儒教の伝統があり日本よりも偏見が厳しかった台湾がなぜ変わったのか、台湾民主化前の1986年から30年以上に渡り同性婚の法制化を目指し活動してきた同性愛者の祁家威(き・かい)さん(59歳)、そして祁さんの活動に多くの賛同者が集まるようになったきっかけの1つ、ある少年の悲劇的な死に関して明治大学の鈴木賢教授が語る。

 

17
2017.06.09 NIKKEI STYLE
札幌市もLGBTカップル「公認」 冬季大会招致にらむ

札幌市は性的少数者(LGBT)カップルの関係を公的に認証する「パートナーシップ宣誓制度」を始めた。全国の自治体では東京都渋谷区、世田谷区などに続き6つ目で、政令市としては初めて。札幌市は2026年冬季五輪・パラリンピックの招致を目指している。五輪憲章は性的指向による差別を禁止しており、五輪・パラリンピック招致に向けた本気度をアピールする思惑もある。

18
2017.06.09 ハフポスト
同性婚を認める司法判断 台湾人から不安の声も「社会がさらに分断される」

2017年5月24日に台湾の司法部門が、民法が同性婚を認めないのは違憲との判断を示してから2週間以上が経過。この判断によって台湾の世論を二分したと言える同問題が決着したわけではなく、むしろ、台湾社会の亀裂がさらに広がっていく可能性を否定できない状況になっているという。台湾における同性婚問題のこれまでを振り返り、現状や今後の不安要因を考える記事。

19
2017.06.08 琉球新報
性多様性 沖縄から発信 ピンクドット9月23日開催

READ  パナソニックが社内規定で同性婚を認める、以前から支持派だった?

性的マイノリティーが生きやすい社会の実現を目指すイベント「ピンクドット沖縄2017」が、9月23日に那覇市牧志のテンブス館で開催 されると発表された。那覇市など5市町、ホテルパームロイヤルNAHAがイベントの共催に決まっており、特別協賛には日本航空や日本トランスオーシャン航空(JTA)などの県内企業が名乗りを上げ、イベントへの支援が広がっている。

20
2017.06.08 AFP BB
「ブロマンス」続く? トルドー首相とオバマ氏が一緒にディナー

21
2017.06.06 ハフポスト
世界的アイス屋さんBen & Jerry’s 「同性婚が認められるまで、同じ種類のダブルは禁止」

ベン&ジェリーズ・オーストラリアが「同性婚が合法化されるまで、同じフレーバーのダブルは禁止」と宣言した。これは、オーストラリアでは70%以上の人が「結婚の平等化」を望んでいるという調査結果があるにもかかわらず、同性同士での結婚は法律で認められていないことへの抗議の意味でのこと。

https://twitter.com/HuffPostJapan/status/872309167025008640

22
2017.06.06 ロイター
同性カップルが手をつなぐ歩行者用信号登場、マドリードに

6月6日、スペインの首都マドリードで、6月末に開催されるプライド・イベントを前に、手をつなぐ同性カップルが表示される歩行者用信号が300個近く設置された。世界各地で数年ごとに行われるLGBTのイベント「ワールド・プライド」は、今月23日から7月2日までマドリードで開催され、最大300万人がゲイコミュニティとして有名な「チュエカ」近辺を訪れると予想されている。

 

23
2017.06.05 AFP BB
同性愛「防止」を啓発する動画に賞金、優勝10万円 マレーシア

マレーシア政府は同性愛の「防止」を啓発する動画コンテストをウェブサイト上で開始、優勝者に賞金4000リンギット(約10万円)を支払うと発表した。コンテスト参加者は、同性愛者であることや「ジェンダーの混乱」をテーマに、「問題点と結論」「防止策や抑制策、支援を受ける方法」する提案を動画で表現し、作品として提出することが求められる。

24
2017.06.04 カナロコ (神奈川新聞)
LGBT理解深めて 23日に川崎で映画上映

性的少数者(LGBT)への理解を深めるための映画上映やイベント「川崎CITTA’ 虹Project2017」が6月23日、JR川崎駅東口の複合商業施設「ラ チッタデッラ」で開かれる。同施設を運営するチッタグループが川崎市などと協力して進めている、ダイバーシティ(多様性の尊重)の観点からLGBTに理解のあるまちづくりを目指そうというプロジェクトの一環。
当日はチネチッタ(映画館)でRainbow Theaterと題して午後6時45分から、ドキュメンタリー映画「ジェンダー・マリアージュ」が上映される。
またクラブチッタでは午後6時から翌朝4時半まで、新宿2丁目と川崎をコネクト!エンタメでLGBTフレンドリーなパーティ「今めかしないと」第3弾が開催される。
詳細情報は下記をご参照ください。
Rainbow Theater「ジェンダー・マリアージュ」上映会
LGBTフレンドリーなパーティ「今めかしないと」第3弾

25
2017.06.02 Buzz Feed Japan
Twitterで話題「男・女・LGBT」の問診票。 何が「変」かわかりますか?

とある診療所の問診票、性別を記入する欄が(男・女・LGBT)となっているというツィートが話題になりました。LGBT当事者を中心に、「『その他』にすればいいのでは」「勘違い」「全てに丸がつけられる」と、戸惑いや呆れる声があがっています。この診療所には取材拒否されたので、医療機関としてセクシュアリティを確認することに意味があるのかを取材していく記事。

 

興味、関心のある記事は見つかりましたか?
日々新たなニュースが報道されています。

今後もLetibee LIFEでは国内外のLGBTニュースにアンテナをはってクリッピングしてまいります。

★さらに以前のニュースはこちらでチェック!
最新LGBTニュースをまとめてチェック!2017.05後半
最新LGBTニュースをまとめてチェック!2017.05前半
最新LGBTニュースをまとめてチェック 2017.04後半

最新LGBTニュースをまとめてチェック 2017.04前半
最新LGBTニュースをまとめてチェック 2017.03
最新LGBTニュースをまとめてチェック 2017.02

title_201706_01_Fotor

ABOUTこの記事をかいた人

いたる

LGBTに関する様々な情報、トピック、人を、深く掘り下げたり、体験したり、直接会って話を聞いたりしてきちんと理解し、それを誰もが分かる平易な言葉で広く伝えることが自分の使命と自認している51歳、大分県別府市出身。LGBT関連のバー/飲食店情報を網羅する「jgcm/agcm」プロデューサー。ゲイ雑誌「月刊G-men」元編集長。現在、毎週火曜日に新宿2丁目の「A Day In The Life」(新宿区新宿2-13-16 藤井ビル 203 )にてセクシャリティ・フリーのゲイバー「いたるの部屋」を営業中。 Twitterアカウント @itaru1964