【連続アンケート企画】LGBTと家族 その3〜私と家族の関係〜

title_003

切っても切れない関係。それが家族の絆です。

自分のセクシャリティに気づいた時、驚きや不安と共に
「家族にどう話せばいいのだろうか?」
「家族には絶対秘密にしなきゃ」
そんな相反する思いを抱いた方も少なくないでしょう。

この「LGBTと家族」は、
セクシャル・マイノリティの家族への考え方、関わり方を
より多くの方へのアンケートから探っていこうという企画です。

様々な方の体験したこと、考えたことの中には
あなたが共感できる事例も見つかるかもしれません。

※「LGBTと家族」では、様々なセクシャリティの様々な世代の皆様の家族との関わりをご紹介したいと考えています。セクシャル・マイノリティの皆様、是非アンケートにご協力ください。
アンケートフォームはこちら

LGBTと家族 No.009
男手ひとつで育ててくれた理解ある父に感謝

レズビアン(20歳)家族構成:父

Q, 自分のセクシャリティを自覚したのは何歳の頃でしたか?
6歳。

Q, 自分のセクシャリティを自覚した当時、どう感じましたか?
これが普通だと思った。

Q, 自分のセクシャリティを家族の誰かに伝えたことはありますか?
はい
父と、中学の担任
父は少し困惑していたものの「まあ仕方ないよな」と言ってくれた。
担任は「友達になりたいという感情と恋愛感情を勘違いしているだけだ」と。 成人しても、女の子が好きなのは変わらなかったので、あの担任の言葉は間違いだったのでしょうが、今でも突然フラッシュバックして泣き叫んでしまう程私の心に深く傷を付けています

Q, ご自分の家族に対して感じること、考えていることなどを教えてください。
私が「このモデルさん可愛い」等という話を、テレビ等を見ながら言うと、父も「いや~俺はこの人だな」とか「俺もこの人綺麗だと思うわ」という話を普通にしてくれるのが嬉しい。
結婚、出産は出来ないかも知れないし今の所したいとも思わないけれど、そこは凄く申し訳ないなと思いますが、普通に性の話しが出来るのは感謝しています。
男手ひとつでここまで立派に(立派かな?)育てて頂きました。

IMG_3571

LGBTと家族 No.010
海外でインターネットもない時代に気づいた孤独感

ゲイ(53歳)家族構成:一人暮らし

Q, 自分のセクシャリティを自覚したのは何歳の頃でしたか?
小学生中学年の頃から、上級生の男子にあこがれていました。
中学生になって、同級生の女子に友達以上の感情を持てず、上級生の男子や大人の男性が好きだという感情をはっきり意識しました。

Q, 自分のセクシャリティを自覚した当時、どう感じましたか?
当時はインターネットもなく、海外で育ったので、ゲイ雑誌に触れる機会もなく、孤独感が強かったです。

Q, 自分のセクシャリティを家族の誰かに伝えたことはありますか?
いいえ
カトリックの家で理解してもらえないと感じています。それに話す必要性を感じません。

Q,今後、家族に話す機会があると思いますか?
両親は元気ですが80歳を越え、兄弟もそれぞれ独立して家庭を持っているので、あえて機会を作らない限りありません。

Q,セクシャル・マイノリティに関して、あなたの家族の中で印象的なエピソードがあったら教えてください。
特にエピソードはありません。家族には誰にもカミングアウトしていませんが、兄はわかっている感じです。

Q, ご自分の家族に対して感じること、考えていることなどを教えてください。
海外で両親とも働いていて、子どもに干渉することが少なく、結果的に早くから自立心が育ったので、特にありません。

IMG_2984

LGBTと家族 No.011
女性を同性だとしか感じないので義務感からの結婚はない

無性愛(28歳)家族構成:父と母

Q, 自分のセクシャリティを自覚したのは何歳の頃でしたか?
今年(2016年)

Q, 自分のセクシャリティを自覚した当時、どう感じましたか?
家系を繋げなくて申し訳無い…。

Q, 自分のセクシャリティを家族の誰かに伝えたことはありますか?
いいえ
一人っ子だから…。

Q,今後、家族に話す機会があると思いますか?
まだわからない。
いつまでも孫を期待させとくのは騙してるみたいで嫌だけど、孫は期待しないでって伝えるのも、また残酷な気がするから。

Q,セクシャル・マイノリティに関して、あなたの家族の中で印象的なエピソードがあったら教えてください。
父も母も共に互いを愛する感情を持ち合わせてない自覚があるけれど、 種を繋ぐ義務を果たす一心で私を作り、 生んだことを自慢気に話してたこと。

Q, ご自分の家族に対して感じること、考えていることなどを教えてください。
私はあなた方みたいに義務感だけで結婚や子作り、子育ては出来ません。
女性を同姓にしか感じないので…。

IMG_20161121_115632

LGBTと家族 No.012
母にごめんと言われ、そういうことじゃないと説明できなかった

ゲイ(35歳)家族構成:両親、姉、妹、妹

Q, 自分のセクシャリティを自覚したのは何歳の頃でしたか?
小学校中学年

Q, 自分のセクシャリティを自覚した当時、どう感じましたか?
いつか治ると思っていた。

Q, 自分のセクシャリティを家族の誰かに伝えたことはありますか?
はい
上の妹は21歳の時。 そっけない反応、あまり差別意識とかは持っていなかった模様。
姉は21歳の時。 妹から伝わった模様、元腐女子なのでむしろ喜んでいた。
母は22歳の時。 姉妹から伝わるのが怖かったので、自分で伝えた。かなりショックを受けたみたいだが、受け入れる努力はしてくれた。 結局、ちゃんと受け入れるのに10年くらいかかった。
下の妹は27歳の時。 妹が20歳になったので伝えた。多少の戸惑いはあったみたいだが、意外とあっさり受け入れてくれたように思う。

Q. あなたが伝えた後に家族から言われた言葉で印象にのこっているものは?
母にゴメンねと言われた事。
違う、そういうことじゃない、と言う事を上手く説明できなかった。
自分もゲイとしてのアイデンティティーが確立していない上、知識も少なく、またゲイが悪いことという考えが払拭しきれてなかったため、母の気持ちのフォローが上手くできなかった。

Q,セクシャル・マイノリティに関して、あなたの家族の中で印象的なエピソードがあったら教えてください。
母、姉夫婦、甥、姪、妹二人と自分と彼氏で皆で姉の家で食事をした事。
今は当たり前の事だが、最初は緊張した。でも感動的でもあった。

Q, ご自分の家族に対して感じること、考えていることなどを教えてください。
父は古い人の上、ウマが合わないので、これからも言う気はないです。
父以外の家族が皆、彼氏を受け入れてくれた事はすごい感謝しています。
甥にも姪にも自分達の事をちゃんと説明出来るようにちゃんと考えておきたい。

IMG_20161128_133705

LGBTと家族 No.013
「自分の人生だから好きに生きていいんだよ。」と父が言った

バイセクシャル(27歳)家族構成:父、祖母、兄

Q, 自分のセクシャリティを自覚したのは何歳の頃でしたか?
10歳くらいの時

Q, 自分のセクシャリティを自覚した当時、どう感じましたか?
本を読んでいて女性同士の恋愛があるということを知り、自然と私もそうだなあと感じました。良いとか悪いとかではなく、そういうものだと受け入れてました。

Q, 自分のセクシャリティを家族の誰かに伝えたことはありますか?
はい
父、兄に伝えました。
特に変わりませんでした。今までどおり、穏やかです。

Q. あなたが伝えた後に家族から言われた言葉で印象にのこっているものは?
父に彼女が出来たことを伝えたときに、
「自分の人生だから好きに生きていいんだよ。」
と言ってくれたのを覚えています。

Q, ご自分の家族に対して感じること、考えていることなどを教えてください。
父は今年で67歳になりましたが、穏やかないい人です。
しかし私が悪いことをすると怖いくらい叱られます。
大体のことを受容してくれる父ですが、私にピアスを開けることと、刺青をいれることだけはすごい剣幕で禁止されています。
しかし私に彼女ができた際に全く怒らず、それから彼女と結婚の運びになったときも私を支えてくれました。
父にとって娘に彼女が出来ることよりも、身体を傷つけるピアスや刺青の方が重大なことに思っているようです。
私はそんな父が大好きです。

 ※「LGBTと家族」では、様々なセクシャリティの様々な世代の皆様の家族との関わりをご紹介したいと考えています。セクシャル・マイノリティの皆様、是非アンケートにご協力ください。
アンケートフォームはこちら

READ  老後を生きる6つの最低限チェック項目

title_003

ABOUTこの記事をかいた人

いたる

LGBTに関する様々な情報、トピック、人を、深く掘り下げたり、体験したり、直接会って話を聞いたりしてきちんと理解し、それを誰もが分かる平易な言葉で広く伝えることが自分の使命と自認している51歳、大分県別府市出身。LGBT関連のバー/飲食店情報を網羅する「jgcm/agcm」プロデューサー。ゲイ雑誌「月刊G-men」元編集長。現在、毎週火曜日に新宿2丁目の「A Day In The Life」(新宿区新宿2-13-16 藤井ビル 203 )にてセクシャリティ・フリーのゲイバー「いたるの部屋」を営業中。 Twitterアカウント @itaru1964