北丸雄二: LGBTは性的倒錯者, 犯罪者から同じ市民へ

Dignity

世界で21カ国目の同性婚合法国家、アメリカ

2015年6月26日、連邦最高裁が同性婚を禁止していたオハイオ州など4州の州法を、法の下での平等を保障する連邦憲法修正14条違反と断じました。これで一気に全米で同性婚が可能となったのです。世界で21カ国目の同性婚合法国家の誕生でした。

しかし聖書によって建国されたアメリカには戸惑いも渦巻いています。翌々28日に全米各地で行われた性的少数者のプライド・パレードにも眉をひそめる人が少なからずいました。その「嫌悪」はどこから来るのでしょう?

それは22年前のハワイで始まった

じつは「法の下での平等」というのは1993年にハワイ州の裁判所が全米で初めて同性婚を認めた時にも使われた論理です。ところがそれは当時、州議会や連邦政府に阻まれて頓挫します。それから22年、今回の連邦最高裁の判断までに何が変わったのでしょう?

それを知るには46年前に遡らねばなりません。1969年6月28日にビレッジの「ストーンウォール・イン」というゲイバーで暴動が起きました。警察の摘発を受けて当時の顧客たちが一斉に反乱を起こしたのです。

そのころのゲイたちは「性的倒錯者」でした。3日3晩も続いたそんな大暴動も、新聞記事になったのは1週間経ってからです。それは報道に値しない「倒錯者」たちの騒ぎだったからです。

倒錯じゃなくなった同性愛

ところが1973年、アメリカの精神医学会が同性愛は精神障害ではないと決議しました。同性愛は「異常」でも「倒錯」でももなくなった。では何なのか? 単に「性的には少数だが、他は同じ人間」なのだ、という考え方の始まりです(もっとも人間は誰ひとり同じではありませんが)。

その20年後の1993年には今度は世界保健機関(WHO)が「同性愛はいかなる意味でも治療の対象にならない」と宣言しました。これで世界的に流れは加速します。ハワイの州最高裁が同性婚容認を打ち出したのもこの年です。

そして2000年以降、オランダやベルギーなど欧州勢が続々と同性婚を合法化し始めました。

犯罪でもなくなった同性愛

そんな中、アメリカ連邦最高裁が歴史的な判断を下します。2003年6月26日、13州で残っていた同性愛性行為を犯罪とするソドミー法を、プライバシー侵害だとして違憲と断じたのです。これも追い風になってマサチューセッツ州が同年、同性婚を合法と決めたのでした。

しかし2州目はなかなか現れませんでした。それが変わったのが2008年です。オバマが大統領に選ばれた年です。その原動力だった若い世代が世論を作り始めていました。

彼らの世代は性的少数者が普通にカミングアウトし、「異常者」ではない生身のLGBTたちを身近に、かつ十全に知るようになった世代でした。結果、2013年には「自分の周囲の親しい友人や家族親戚にLGBTの人がいる」と答える人が57%、同性婚を支持する人が55%という状況を作り出したのです。

だから法の下での平等

そんな状況下で同年6月26日に再び連邦最高裁は画期的な憲法判断をします。連邦議会が1996年に決めた「結婚は男女に限る」とした結婚防衛法(DOMA)への違憲判断です。そしてそれから2年後の先週6月26日、最高裁はさらに踏み込んで同性婚を禁止する州法自体が違憲だと宣言したわけです。

結論はこうです。1993年時点では、そしてそれ以前から、同性愛者は「法の下での平等」に値しない「犯罪者」であり「精神異常者」でした。だから同性婚の試みは潰された。それがいま、「法の下での平等」が当然の「普通の」人間だと考えられるようになったのです。だから同性婚も当然だと考えられた。人々の考え方の方が変わったのです。現在、18〜34歳の若い世代での同性婚賛成者は73%にも上ります。

興味深いのは昨今の日本での報道です。性的少数者に関する報道がこの1〜2年で格段に増えましたと思いませんか? かつて46年前に「ストーンウォールの暴動」が時間差で報道されたように、日本でもいまやっとこれが「報道の意義のある人権の問題」に変わってきたということでしょう。

長年の戦いを終え、同性婚が合法化した後の歴史的なNew York PRIDEの様子

NY pride parade Image NY Pride Parade people

Couples in NY pride parade
People in NY pride
画像出典:

READ  ゲイ精神科医Tomy のお悩み相談室 「どうやったらゲイ友ができますか?」

Dignity

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ジャーナリスト、コラムニスト、小説家。TBSやニッポン放送やMBSなんかでラジオ・コメンテーター、政治や文学さらにはブロードウェイの翻訳もしてます。NYに在住して22年間。