デンマーク大使の同性パートナー天皇訪問を外務省が拒絶

Foreign Affairs refused Ambassador same sex partner from Denmark
Foreign Affairs refused Ambassador same sex partner from Denmark

デンマーク大使の同性パートナーの天皇への謁見を外務省が拒絶

今の時代に、にわかに信じがたい事件が起きた。デンマーク大使が天皇陛下にお会いする際、外務省がデンマーク大使の同性パートナーを”配偶者”として扱うことを拒否したのだ。記事は2015年7月12日の”サンデー毎日”に以下のように掲載されている。

6月25日午後、天皇陛下は皇居にある宮殿にお出ましになった。駐日デンマーク大使、A・カーステン・ダムスゴー氏にお会いになるためだ。この日、ダムスゴー大使は離任の挨拶のため、宮中を訪れた。

皇室外交に詳しいジャーナリストが解説する。

「大使自身が明らかにしていることですが、大使の配偶者は男性です。デンマークでは同性婚が法的に認められており、2011年9月に着任以来、大使もパートナーを配偶者として扱うよう日本側に求めできたのですが、外務省の判断は『配偶者』ではなく『家族』。配偶者ではないパートナーは同席できなかったのです」

宮内庁関係者によれば、「外国で正式な婚姻関係にあるのであれば、同伴を認めてもいいのではないか」との議論もあったというが、結局実現しなかった。日本の伝統文化を愛し、被災地訪問などで精力的に職務をこなしてきた大使にとって、パートナー同伴での離日挨拶が叶わなかったのはいかにも残念なことだっただろう。本誌はデンマーク大使館を通じてダムスゴー大使に取材を申し込んだが、期限までに返事は得られなかった。外務省儀典官室に聞くと「事実関係も含め、お答えはしていません」(主席事務官)。

外務省の“時代錯誤“ 離任のデンマーク大使「皇居訪問」で同性婚パートナーNG!

他の外国文化は尊重する外務省

さらに、記事ではこう述べられている。

そもそもこの配偶者を巡る問題に関して、日本の政府の対応は一貫していない。13年6月、国賓として来日したオランド仏大統領は、事実婚の女性パートナーを同伴して宮中晩餐会に出席。正式な婚姻関係ではなかったが、事実上の配偶者として扱われた。また、一夫多妻制がある国からは、第二夫人を伴って要人が来日し、行事や式典に同行することも少なくないという。

外務省の“時代錯誤“ 離任のデンマーク大使「皇居訪問」で同性婚パートナーNG!

外務省は役割を果たしていない

日本の現行法に”外務省設置法”という法律がある。この条文には外務省の任務、役割、どのような業務を行う組織なのかが明確に述べられている。外務省の設置法3条に、外務省の任務が以下のように述べられている。

平和で安全な国際社会の維持に寄与するとともに、主体的かつ積極的な取組を通じて、良好な国際環境の整備を図ること、並びに調和ある対外関係を維持し発展させつつ、国際社会における日本国及び日本国民の利益の増進を図ることを任務とする

(外務省設置法3条)

この条文を読む限り、デンマーク大使の同性パートナーを配偶者として扱うことを拒否したことは、設置法3条に違反していないだろうか。他の外国文化を尊重し第二夫人などの要人の同行を許可しているのにもかかわらず、同性パートナーの同行を拒否したということは、外務省の都合によって受け入れる外国文化と受け入れない外国文化を取捨選択しているということだ。このような取捨選択が本当に、”良好な国際環境の整備を図ること、並びに調和ある対外関係を維持”することなのだろうか。自分の好き嫌いによって生徒の扱いが変わるような先生は、生徒に嫌われる傾向があるように思うが。

READ  差別主義なのに支持率急上昇!ドナルド・トランプとは