同性愛差別への著名人の切り返しまとめ

LeslieJordan

同性愛者を応援する世界のイケてる返し

世界には同性愛者始めLGBTを応援している人たちがたくさんいます。その中でも、世界的な有名人たちによる”イケてる!” と思われる返しをまとめてご紹介します。

レスリー・ジョーダン「アイスコーヒーじゃない、アイスティーだよ」

Leslie Jordan

レスリー・ジョーダンは、今までテレビプログラムなどでゲイ役を演じたこともある米国の有名な60歳の俳優だ。ある日、彼がロサンゼルスのスターバックスコーヒーにて男性の集団に絡まれ「死ねクソオカマ野郎」と言われたのだという。レスリーは彼らに近寄り、アイスコーヒーをその場で男性たちにぶちまけた。この件において彼は本当はあまり公にしたくなかったそうだが、ニュースで報じられた際に「(ぶちまけたのは)アイスコーヒーじゃない、アイスティーだよ」と訂正し、「僕はこのようなヘイトクライムを黙って見ていることなんてできなかった。僕たちは、平等を勝ち取るためにまだまだやることがあるようだね!」と言った。

スタバCEO「他社の株を買ったらどうですか。」

Starbacks-coffee

2015年3月、スターバックスコーヒーのCEOだったハワード・シュルツは、株主総会において株主に「同性婚を応援する姿勢を出し、全米結婚団体(同性婚に反対する団体)へのボイコットのせいで下がってしまった売上について、ちょっと失望している」と言われた際に、「ここ(アメリカ)は自由の国です。スターバックスコーヒーの株を売って、他社の株を買ったらどうですか。」と返した。

キアヌ・リーブス「ノーコメントだよ」

Keanu reeves

「マトリックス」などで世界的に有名な映画俳優、キアヌリーブス。彼はたびたびゲイではないかという噂を様々なメディアで取り上げられていたが、あるときアメリカのあるメディアにて「ゲイなのか?」と聞かれた際に「僕がゲイではないと否定することは簡単だ。でもそんなことをしたら、ゲイやバイセクシュアルの人間だと思われたくないということになるだろう?それは差別意識の1つの表れだと思う。セクシュアリティに関わらず、僕は僕だ。だからその質問に対しては、ノーコメントだよ。」

NZ国会議員「カトリックの聖職者は『一生独身で禁欲』の誓いを立てているなんて、興味深くないですか?」

NZ-ssm

ニュージーランドで同性婚が認められた際にMaurice Williamson 議員はそのスピーチの中で、「カトリックの聖職者に「同性愛という不自然なものを支援している」と言われました。その意見、すごく興味深くないですか?だって、彼らは「一生独身で禁欲」の誓いを立てているんですから(それこそ不自然でしょう?)。」と言い、また「この法案が採決されても、世界は何ごともなかったかのように回り続けます。だから、この法案で騒ぐのは止めましょう。この法案が通ることは、影響がある人に取っては素晴らしいものです。でも、そうでない人に取っては何も変わったりしません。」と語った。

アンハサウェイ「兄を認めない宗教を信じることなどできない」

Anne Hathaway

「レ・ミゼラブル」や「プラダを着た悪魔」で日本でもおなじみのアンハサウェイ。彼女は、兄がゲイであると家族にカムアウトした際に、同性愛に理解を示さないカトリック教から家族全員で離れ、同性愛に寛容な宗教に入信した。その際に「家族全員で話し合って改宗を決めたわ。兄のマイケルは私たちのとても大切な家族。ゲイの兄を認めない宗教を信じることなどできない。」と語った。

via:

Leslie Jordan on claims he threw iced coffee at homophobe: ‘It was actually iced tea’

「キアヌ、君はゲイであるという噂もある。 本当のところは、どうなんだい?」

ニュージーランドで「同性婚」が認められた際の議員のスピーチが素晴らしいと話題に

スタバCEO、「他社の株買え」 同性婚支持への批判を一蹴

READ  都会と地方の生活ってどれだけ違うの?セクマイの地域間格差

LeslieJordan

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です