在日外国人ゲイのために僕らができるサポートとは?

title_00

想像してみてください。

仕事のため、もしくは留学のために、言葉もよく話せないし、もちろん友達もいない異国で一人で暮らさなければならなくなったとしたら?

その時に覚える不安の大きさ、これは想像に難くないですよね。
観光客だけじゃなく、仕事や留学のために日本に住んでいる外国人ゲイも現在増加しています。
異国の地に馴染んで、自分が住みやすい環境を作っていける速度は人によって違うものです。
今現在、孤独と不安を抱えている在日外国人ゲイに対して何かできないか、と考える人たちが集まって、毎月一回、新宿2丁目に入場無料で集まれるカフェを企画しました。
「NOT ALONE CAFE」と名付けられたこのカフェを始めたみなさんに、企画の経緯などを伺いました。

IMG_9487

①NOT ALONE CAFEを始めようと考えた理由は?

【NOT ALONE CAFE】は 来日して間もないゲイ、バイセクシュアル男性等のためのカフェ・スペースをオープンするためのプロジェクトです。

近年、日本のLGBT運動がだんたん増えてきました。
しかし、今まで主に日本語、たまには英語のサポートもありますが、日本に来たばかりの外国人、特に日本語・日本文化に詳しくない、かつ英語も喋れない方にとっては、ゲイに関する悩みがあっても何処に相談していいのか分からないのが現状です。
さらに、日本の社会は従来プライバシー重視ですので、日本人でも家族や親友にカミングアウトしない方が多いと思われます。
そんな状況では外国人の方にとっては「ゲイに関する悩みがあっても誰に相談すればいいの?」という不安が一層深刻になっていると考えられます。
こういう考えから、在日外国人のゲイの方をサポートするための場【NOT ALONE CAFE】が生まれました。
このカフェの名前は、
「外国人のあなたは一人ではありませんよ。私たちが応援しますから。自分の母国語で相談してもいいですよ」
というメッセージが伝わるようにと考えました。
安全な居場所を提供することで、人間関係を広げたり、必要な情報やサポートへのアクセス向上をめざしています。

 IMG_9484

② 事前に在日外国人の方にヒアリングされましたか?

グループを運営するスタッフのなかにも、中国語、韓国語、英語、ポルトガル語を話す人たちがいます。
外国人スタッフの経験や、日本人メンバーの経験を元に話し合いながら運営しています。
ゲイのNPOなど支援機関に寄せられる相談のなかには、日本に住む外国人のかたから、
・医療サービスの利用の仕方
・薬物やアルコールなどの依存に関して
・HIVなど感染症ほか病気にまつわる相談
なども寄せられています。
NOT ALONE CAFEでは、気楽に話したり、知り合いを増やすという目的以外にも、外国人ゲイの方が日本で生活するなかで必要な情報提供したり、専門家につなげたりすることでサポートすることも目的の一つになっています。

③NOT ALONE CAFEの運営について

会場をどこにするか、ということに関してですが、準備のミーティングのなかで「新宿二丁目で開催したい」という声がありました。
新宿2丁目の「Dragon MEN」のマスターKENさんを知っているメンバーがいて、KENさんに相談したところ、心よく協力をしていただけることになりました。

開催の時期に関しては、誰もがすぐに覚えやすいタイミングということが重要だと考えました。
そういうことで毎月第一日曜日の午後に開催、ということになりました。
Dragon Menさんにはご負担をおかけすることになりますが、今のところ
会場や開催日を変更せずに続けていく予定です。
開催時間は14時から17時まで。
入場料金は無料で、コーヒーやお茶を提供いたしております。

キックオフイベントを11月に開催し、寄付集めを行いました。
現在はその資金で運営していますが、そのうち、足りなくなります。
ですので、いつでも寄付も受け付けいますし、物売として、オリジナルなT-shirtを発売しております。

NOT ALONE CAFEで販売されているTシャツ¥2000。運用資金になるのでご協力を!

NOT ALONE CAFEで販売されているTシャツ¥2000。運用資金になるのでご協力を!

④まだ存在を知らない方への広報活動

2017年2月5日の初回は、全部で20人強の方が参加してくださいました。
外国の方、日本の方が、思い思いに交流されていて、とてもいい雰囲気でしたよ。
初回に参加いただいた皆様も、ぜひまた、ご参加いただければうれしいです。

会場のDragon Menさんはお客さんに外国の方も多いことから、店内にポスターを掲示させてもらっています。
その他はSNSを中心に告知をしています。
特にFacebook, Twitterでは【NOT ALONE CAFE】のアカウントを取得しています。
英語圏の外国人ゲイの方がよく使われているアプリ・Grindrにも協力を要請し、テキストバナーを出させてもらいました。
また、 中国系のアプリ・Bluedでは、専用のコミュニティをつくっています。

この記事を読まれている皆様にお願いがあります。
ぜひ、このカフェに関する情報を拡散することにご協力ください。
なかなか日本語がうまくなれずに帰国する人、バイトだけでうまく日本に馴染めず日本が嫌いになって帰国という方もいるとききます。
このカフェがあることで、そうした人たちが少なくなるといいなと願っています。

IMG_9475

【NOT ALONE CAFE】
会場:Dragon Men  東京都新宿区新宿2-11-4
今後の開催日:毎月第一日曜日
Facebook
Twitter

まだ始まったばかりの【NOT ALONE CAFE】ですが、日本で不安な思いで暮らしている外国人ゲイの方の心の支えになるような存在になっていくといいですね。
【NOT ALONE CAFE】のツイッター・アカウントで呟かれた英語、中国語、韓国語の告知や、Facebookアカウントの拡散に、ぜひご協力ください。

READ  インド、ゲイだといじめられた少年が自分の体に火を点け自殺未遂

title_00

ABOUTこの記事をかいた人

いたる

LGBTに関する様々な情報、トピック、人を、深く掘り下げたり、体験したり、直接会って話を聞いたりしてきちんと理解し、それを誰もが分かる平易な言葉で広く伝えることが自分の使命と自認している51歳、大分県別府市出身。LGBT関連のバー/飲食店情報を網羅する「jgcm/agcm」プロデューサー。ゲイ雑誌「月刊G-men」元編集長。現在、毎週火曜日に新宿2丁目の「A Day In The Life」(新宿区新宿2-13-16 藤井ビル 203 )にてセクシャリティ・フリーのゲイバー「いたるの部屋」を営業中。 Twitterアカウント @itaru1964