パリでの挙式は8組に1組が同性カップルだった

mariage-same-sex
mariage-same-sex

2013年に同性婚が認められたフランス

2014年時点でパリで挙式をしたカップル全体のうち、13.5%が同性カップルであったということ が、市が発表したデータより判明した。

Pink News : One in eight Paris weddings now for same-sex couples

フランスでは2013年5月より同性婚が認められているため、2014年は同性婚が認められた年として2年目の年となった。

2014年には1,331組の同性カップルが挙式を行った。ちなみに同性婚が認められた、2013年5月からの同性カップルの挙式組数の総計は、2,365組にもなり、これは挙式した全カップルのうちの14%だ。

同性カップルの挙式全体のうち、約3分の1は「ル・マレ地区」というLGBT フレンドリーな地区で行われており、残りの72%は社会主義的派の知事が選挙で選ばれているような、比較的リベラルな地域で行われている。
一方、保守的な地域での挙式は、全体の6%程度しか行われていない。

パリ市の見解によると、パリ市内での挙式数の全体数は、毎月100件という数字で推移しているのだという。

保守とリベラル

パリ市での例では、同性カップルは保守的な地域よりも、よりリベラルな地域での挙式が大半であった。
つまり、LGBTにとって様々な選択において「保守」なのか、「リベラル」なのかが重視された。日本においても、LGBT にフレンドリーになる準備をしておくことで、後々に、LGBTからの信頼を得ることができるだろう。

READ  エイズ薬を55倍に値上げした「世界で最も嫌われたCEO」―ついにFBIが詐欺容疑で逮捕

mariage-same-sex

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です