日本初! ジェンダーレスな洋服お直しサービス登場 自分に“嘘”をつかずに、好きなファッションを

cea22712fbd18b2578b9a23103a231dc_s

女装用にワンピースを買ったけれど、サイズが合わない。
胸をつぶすためのナベシャツが、どれもしっくりこない。

トランスジェンダーなどLGBTの人が抱える、さまざまな洋服の悩み。お直し店に出そうにも、異性用のモノだと「これは、自分用で……」とは言い出しづらいですよね。

“嘘”をつかなくていい、誰でも気軽に使えるお直し専門店

そんな悩みを解消する、LGBTも気軽に使えるボーダーレスなお直し専門店あります。一般向けのお直しで実績を持つアン・コトンが今年9月から開始したサービス「MADAM M」です。

「MADAM M」は、世界中を飛び回り、さまざまな人の悩みに耳を傾ける謎の人物。「普通は〜」「男は〜」「女は〜」という価値観にとらわれることなく、お直しの腕をふるいます。

ファッションはその人のアイデンティティとも言えます。嘘をつかずに直せる、つまり“自分らしく生きる”ことを、「MADAM M」はサポートしてくれるのです。

お直しはネット上で完了する

「MADAM M」の特徴は、ネット上でお直しが完了すること。「ワンピース編」「ボトム編」「シャツ編」など、種類別に解説動画が用意されてるので、自分自身で採寸する際もスムーズです。形が変わったものなどは、メールでも相談可能です。

その後は洋服を発送。料金・納期を承諾したのちに加工に入ります。より慎重に直したい人に向けては、しつけ糸で縫う「試し留」をして、いったん返送し、確認後に加工に入るコースも用意されています。

実家暮らしやルームシェアで、荷物を受け取れない……という人のために、ヤマト運輸営業所止め、アン・コトン店舗での受け取りも対応している。
また、宅急便受取指定サービスをご利用すればコンビニで受け取ることも可能とのこと。

丁寧にやりとりし、お直しをしていく

実際に同店を利用し、ライダースジャケットのお直しをした男性は、こう語ります。

ライダース_Before

もともとのライダースがこちら

「前に付き合っていた彼氏の家に忘れ物を取りに行ったら、『着ないでそのままにしていたライダースジャケットがあるから、あげるよ』と譲り受けたんです。でも、彼は190cm近くの高身長。自分は172cmくらいなので、そのままだとブカブカで。そこで、『MADAM M』にお直しを頼むことにしました」

madam_before_wear

そのまま着ると、丈・肩幅など全体的に大きいことがわります

「MADAM M」がお直しに入る際は、まずライダースの生地がミシンで縫える厚さのモノであることを確認。どのように直すかを考えるために、「普段からライダースを着るかどうか」などを丁寧に質問し、お直しを進めていきました。

仕上がりは2週間後。男性は「あんなにブカブカだったのに、ぴったりの仕上がりになっていて感激しました」と話します。

madam_after_front

お直し後のライダース。「MADAM M」によると、袖のファスナーは移動するだけでなく、少し短くすることで、肘当てのようなステッチにかぶらないように注意したそう。

「彼からもらったもの以外にも、何回かライダースを買ったことがあるのですが、いつもサイズに違和感を感じていて。ライダースを取り入れたスタイルは大好きなのに、なかなかデイリーユースできなかったんです。身幅が大きすぎたり、袖が長すぎたり……。でも今回お直ししていただいて、しっくりくるライダースが手に入りました」

「MADAM M」を立ち上げたアン・コトンは、「この事業を通じて、LGBTの方の困りごとを解消していきたいと思っています」と語ります。タンスのなかに眠っている洋服がある方は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

■関連リンク
「MADAM M」

madamm
READ  日焼けサロン通いのゲイ・バイセクシャル男性はガンの発症率が高いという調査結果